コーヒーのチャートに形成されているのは「なべ底」??

コーヒーのETN(上場投資証券)が3.48%の大幅上昇です。マーケット終了まで、まだ1時間半ほどありますが、下が日足チャートです。


Aで分かるように、ETN価格は下降するチャンネルを上放れですから、ブレイクアウトの買いシグナルと解釈することができます。しかし、目立った増えのない出来高(B)を見て、買いを思いとどまった人も多いことでしょう。

今日買った人が正しかったのか、それとも間違っていたかは時間が経てば分かることですが、下はコーヒーの季節性です。

チャート:SentimenTrader.com
先ず、短期的に見た場合、コーヒーは8月の終わり頃に底を打って、9月の初週まで上昇する傾向があります(1)。もう一つの注目は、2の矢印です。一直線な上げではありませんが、秋、冬はコーヒーの強い季節です。8月から12月までの、各月の平均上昇率を見てみましょう。
・ 8月: +1.257%
・ 9月: -0.344%
・ 10月: +0,620%
・ 11月: +0.269%
・ 12月: +3.889%
季節性だけを考慮した場合、今日買えなかった人たちは、一時的に弱くなる9月が次の買いチャンスです。もちろん、一番強いのは12月ですから、11月の終わり頃まで待つ、という方法もあります。

次に、コーヒーのETNの週足チャートを見てみましょう。


長い低迷が続いていますが、なべ底 が形成されている可能性があります(A)。レジスタンスになっている23ドル50セントを突破できるかに注目です。

コメント