月曜の米国株式市場: S&P500指数に属する銘柄の約半分がNR7

月曜の米国株式市場は退屈な展開です。大引けまで、まだ1時間20分ほどありますが、下のS&P500指数の日足チャートで分かるように、今日のローソク足は点のようです。


こんなに値幅の狭いローソク足ですから、多くのトレーダーは「NR7」という言葉を頭に浮かべていることでしょう。

NR7はNarrow Range 7の略になり、過去7日間で値幅が最も狭い日がNR7です。(4月のブログを参照ください。)

NR7はデイトレードに利用され、トレード方法は簡単です。
トレード方法: 
・ 翌日、NR7の高値を越えたら買う。 
・ 翌日、NR7の安値を割ったら空売る。
それでは、もう一度S&P500指数の日足チャートを見てみましょう。


今日の値幅が最近7日間で最も狭くNR7が形成されています。下が売買タイミングです。


もし明日、今日の高値(A)を突破したら買い、反対に今日の安値(B)を割るようなら空売りです。現時点では、どちらへ放れるか分かりませんから、とにかく明日の動き次第でトレード方向が決まります。

調べたところ、S&P500指数に属する銘柄で、現時点でNR7が形成されている銘柄は214銘柄あります。正に、指数に属する約半数がNR7ですから、明日火曜のマーケットは大きな動きになるかもしれません。

コメント