マーケット関係者、ブロガーたちのコメント

・AAIIによると、米株に対して強気だという個人投資家たちの意見は、17.8%という2005年以来初めての低レベルに落ち込んだ。同時に、米国株式市場は下がると思う、という弱気センチメントも前回の34.1%から29.4%に下落した。上昇したのは、前回の46.6%から52.9%になった中立センチメントだ。言い換えると、中立センチメントというのは、「私にはマーケットがどう動くかは分かりません」、という意味であり、今回記録された52.9%は1990年以来最高の数字だ。 -- ピーター・ブックバー(リンジー・グループ)


・レイモンド・ジェームズのストラテジスト、アンドリュー・アダムズ氏は、「米国株式市場は、ここから更に大きく上昇する」、と言う。理由はこうだ。「投資家たちは、株式市場から安全なアセットへ資金を避難させていた。しかし、株式市場は予想されたように下げることはなく、今日も上昇が続いている。安全なアセットから、株式市場へ資金が帰ってくるのは時間の問題だ。」 -- ビジネス・インサイダー

・第1四半期の決算発表が、ほぼ終了した。結果は、「暗い」の一言に尽きる。S&P500指数に属する大型企業を見た場合、企業利益は6年半ぶりの低レベルに下がっている。特に悪いのは、パーセンテージで二ケタの下落となった金融機関だ。更に不順な天候が原因となって、安定していると思われている電力やガス会社などの利益もマイナスに落ち込んでいる。多数の企業は資産を売り払い、設備投資を縮小、そして自社株を買い続けてきたが、いよいよ行き詰ってきたようだ。 -- マーケット・ウォッチ

・最近の銀行株の動きを見て言えることは、FRBは向こう数週間以内に、金利を引き上げる可能性があるということだ。過去2週間を振り返ってみると、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、ウェルズファーゴの株価はS&P500指数より速いペースで上昇している。連銀の動きに詳しいマーケット関係者たちは、「投資家たちは、利上げに対する準備ができたようだ」、と語っている。 -- ジョン・マリノ(CNBC)

・時給は相変わらず伸びない。株式市場も相変わらず荒れている。ターゲット、メイシーズなどの大手小売店の苦戦が続き、最近上昇している原油価格は小売業界に悪材料となるだろう。しかし、こんな状況の中で強さを見せているのは住宅市場だ。新築住宅販売件数は2008年4月以来最高のレベルに達し、米国の住宅価格は史上最高に達している。 -- ポール・ラモニカ(CNNマネー)



ウェルズファーゴ銀行、頭金3%の住宅ローンを開始
この低頭金住宅ローンは、住宅所有者としての条件を備え、支払い能力が十分にある人たちのものです。 -- ブラッド・ブラックウェル(ウェルズファーゴ銀行)

・ウェルズファーゴ銀行の実施する頭金3%の住宅ローンは、ファニー・メイ(米政府が支援する住宅投資機関)に購入される。要するに、リスクを負うのは政府であり、最終的にリスクを負うのは米国の納税者だ。 -- ゼロヘッジ

コメント