模様眺めの一日、NR7多出

明日に中国GDP発表を控え、木曜の米国株式市場は、おとなしい展開となっています。大引けまで20分を残し、S&P500指数は現在+0.06%、そして下が日足チャートです。


矢印で示しましたが、ポツンと点のようなローソク足が形成されています。このように、極端に値幅が狭いローソク足を見て直ぐに思い出す言葉は「NR7」です。

NR7については先月のブログで書きましたが、簡単に復習してみましょう。

NR7はNarrow Range 7の略になり、過去7日間で値幅が最も狭い日がNR7です。下は、ツイッター株の日足チャートです。
1から7まで数字を入れましたが、3月22日にNR7が形成されました。NR7はデイトレードに利用され、トレード方法は簡単です。
トレード方法: 
・ 翌日、NR7の高値を越えたら買う。 
・ 翌日、NR7の安値を割ったら空売る。
翌日のツイッターは安値割れとなり、空売りが成功しました。


さて、今日の静かなマーケットの展開で、多くの銘柄にNR7が形成されました。ダウ30銘柄だけに限定すると、10銘柄にNR7が出来上がり、下がリストです。


左からティッカー・シンボル(証券コード)、会社名、木曜の終値です。

一番上のアップルの日足チャートを見てみましょう。


もし明日、NR7となった今日の高値を越えたら買い、もし安値割れなら空売りです。アップルは最近好調なので上放れの可能性が高いと思われますが、実際のトレード方向は明日の値動きが決定します。

コメント