犬の動きと株式市場

・ 経済と株式市場の違いジョシュア・ブラウン氏のブログから

男と犬が一緒に公園を散歩している。


お決まりのコースを毎日歩くのだが、たとえ鎖でつながれていても、犬は真っ直ぐに歩くことはない。近くにいる鳩、通り越す自転車を見るたびに犬は吠え、右へ左へと走り回る。

男は時々歩く速度を変えて散歩を続ける。犬は相変わらず忙しく動いているが、最終的にいつものように散歩は終わる。公園にいる人たちは、元気のよい犬に目を向けるが、この男を見る人は一人もいない。なぜなら、男の動きには面白さが全く無いからだ。皆さんには、どちらが経済で、どちらが株式市場であるかが既にお分かりだと思う。このたとえ話は、ファンダメンタルズと投資心理の違いを説明することにも適用できる。

商品市場は中国の次のカジノValueWalkから

ここ数週間ほど前まで、商品の値段が、なぜ急激に上昇したのかは誰にも分からなかった。ご存知のように、商品の供給過剰が依然として続き、世界経済に大きな影響を与える米国と中国の経済状況に目立った回復は無い。しかしバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチによると、この突然の商品市場の急騰は、一部の中国からの個人投資家が余剰資金を商品市場へ流入させたためだと言う。

・ 株式市場の罠についてCNBCから

ベンジャミン・グレアムが言うように、株式市場の毎日の動きはファンダメンタルズを適切に表すものではない。マーケットの動きが示していることは投資家たちの心理状態だから、値動きに惑わされてはいけない。しかし、ほとんどのマーケットのプロたちは、株の値動きに必要以上に注意を払っている。おそらく無駄な努力だと思うが、ファンド・マネージャーたちはマーケットの動きを分析して、絶好のタイミングで株を売買しようとしている。これと反対なのはウォーレン・バフェットとハワード・マークスだ。彼らはマーケットや株の次の動きを予想するのではなく、企業の真の価値を見抜くことに努力している。

・ 格下げされたエクソンモービルマーケット・ウォッチから

S&P社は、クレジットの悪化を理由に、巨大石油会社エクソンモービルの格付けをAAAからAA+に引き下げた。この結果、S&P500指数に属する企業で、AAAの最高格付けを持つのはマイクロソフトとジョンソン&ジョンソンの2社のみとなった。

コメント