ツイッターの本当の利用価値は情報集めにある??

ツイッター株は今年27%の下げ、冴えない状態が相変わらず続いている。ご存知のように、ツイッターの利用価値が最高に達するのは、世の中に恐ろしい事件が起きた時だ。 ブリュッセルでテロ事件が起きたと聞いて、私が真っ先にアクセスしたのはツイッターだ。 --  RAUL3 (iBankCoin)
先週になりますが、ウォール・ストリート・ジャーナルのコラムニスト、ジョアナ・スターン氏も似たことを述べています。

スターン氏
スターン氏が、ツイッターを使うことを止めてしまった人たちから話を聞いて分かったことは、彼らには共通の疑問があります。
フェイスブックとインスタグラムは、友だちと連絡を取ったり交流するためのもの。でも、ツイッターは、いったい何のために使うものなの?
スターン氏は、こう回答しています。
先ず、「ツイッターはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である」、という考え方を捨てるべきです。どちらかと言えば、ツイッターはニュース・ネットワークに近く、私の場合、ツイッターを使う75%の目的は政治やハイテク関連のニュースを集めることです。ツイッターは、ニュースの焦点となっている本人から話を直接聞けるだけでなく、有名人同士の会話にも耳を傾ける機会を与えてくれる数少ない場所です。ですから、ツイッターはリアルタイムの情報集めとしてだけ使う、という利用方法に問題は全くありません。
ツイッターはSNSだ、他の人たちと交流するのが目的だ、という考え方でツイッターを始めるとガッカリすることでしょう。スターン氏が言うように、ツイッターはニュース・ネットワークに近いですから、交流よりも情報収集に適しています。更にツイッターは、テレビや雑誌のように編集されたものではなく、本人の意見を直接聞くことのできるユニークな場所です。

実例を挙げましょう。下は、共和党から大統領に立候補しているドナルド・トランプ氏のツイートです。


ブリュッセルのテロ事件後にツイートされたものですが、明らかに、オバマ政権を批判しています。「オバマ大統領、そして他の全ての政治家は無力だ。大統領は政治的な正しさばかりを気にしているから、テロリストたちは強くなる一方だ。恥ずかしい状態だ。」

WikiLeaksはテロ事件後、犯人と思われる写真をツイートしています。

ツイートで指摘されているように、注目は円で囲まれた部分です。「まるで素人のようだ」、という言葉で表現されていますが、手袋内に起爆装置が隠されていた可能性があります。

繰り返しになりますが、スターン氏の言うように、人との交流のためにツイッターを使う、という考え方を先ず捨てること。そして、自分の興味がある情報集めだけにツイッターを使う、という考え方に切り替えること。こうすることで、既成のマスコミからは得ることができない、自分独自の情報源を作り上げることができます。

(情報源:Nothing Like Horrible Human Tragety To Drum Up Interest in Twitter

How to Make Twitter Actually Useful

ドナルド・トランプ氏のツイート

WikiLeaksのツイート

コメント