米国の大手銀行が緊急事態に備えての訓練を行った??

以前の同僚から、この動画を見ることを勧められました。

 


アクセス数は2万を少し超えた程度ですから、大人気の動画ではありません。ことが起きたのは米国の大手銀行ウェルズ・ファーゴの支店、そしてこれが動画の要点です。

私は銀行の窓口で働く行員です、という人から、このような情報が入った。この人の話によると、銀行の休日に、行員たちは差し迫る緊急事態に備えての訓練を受けた。この非常事態では、店内へ入ることができる客の数は3人までに限られ、店内には武装した警備員が置かれる。更に、安全を考慮して銀行の金庫に保管されている現金は極めて少量に限られている。この情報を提供してくれた人はウェルズ・ファーゴで3年間働いているが、このような訓練は初めてだと言う。
とうぜん疑問になることは、なぜウェルズ・ファーゴは、こんな訓練を行ったのでしょうか?言い換えると、銀行側は、店に一度に入ることができる客数をたったの3人に制限しなければならないような取り付け騒ぎが近いうちに起きることを予想しているのでしょうか?

この動画を見たデイブ・ホッジス氏(The Common Sense Show)は、「米国は今年、2008年を上回る金融危機に襲われる」、と結論しています。理由は主要銀行(投資銀行)が抱える膨大なデリバティブです。
・JPモルガン・チェース: 
総資産額  2兆6000億ドル
抱えるデリバティブ 63兆ドル
・シティバンク:
総資産額 1兆8000億ドル
抱えるデリバティブ 59兆ドル
・ゴールドマン・サックス:
総資産額 8563億ドル
抱えるデリバティブ 57兆ドル
・バンク・オブ・アメリカ:
総資産額 2兆1000億ドル
抱えるデリバティブ 54兆ドル
・モルガン・スタンレー:
総資産額 8013億ドル
抱えるデリバティブ 38兆ドル
・ウェルズ・ファーゴ:
総資産額 1兆7000億ドル
抱えるデリバティブ 5兆ドル
デリバティブと聞いて思い出すは、いよいよ危ないと心配されているドイツ銀行です。


上のチャートはゼロヘッジに掲載されていたものです。一番左がドイツのGDP、真ん中はユーロ圏のGDP、そして一番右の目立つ赤い棒はドイツ銀行が抱えるデリバティブを示しています。

心配されているように、もしドイツ銀行が破綻し、米国の大手銀行も倒れるような事態となれば金融危機では済みません。正に、世界には恐慌がやって来ます。上の動画は、単に憶測が憶測を呼ぶ内容ですが、やはりこのタイミングでの非常事態に備えた訓練は気になります。

(情報源: WELLS FARGO PREPARING FOR COLLAPSE / CRISIS - Insider Says Bank Is Preparing For Emergency Scenario

Insider Reveals Wells Fargo Is Preparing for Complete Economic Collapse

Is It Time To Panic About Deutsche Bank?

コメント

せんぼくさん さんの投稿…
日本で預金封鎖、新円切り替えの可能性はあるんですかね??

なんか、マイナス金利とか不吉な兆候が多すぎます。
T Kamada さんの投稿…
せんぼくさん さん

こんにちは。

同感です。不吉な兆候が多いですね。

思い出すのは、キプロスの「銀行預金課税」です。銀行が政府によって一時閉鎖され、
国民の預金口座から税金として金が取られてしまいました。

大きな赤字を抱える国は、いずれ借金の返済をしなくてはなりません。こんなことは
起きてほしくないですが、手っ取り早いのはキプロスのように銀行を一時閉業して、
預金口座から金を取ってしまうことです。

多額な赤字を抱える米国ですから、キプロスなようなことが起きることを心配している
人たちもいます。

本当に不吉な時代になったと思います。