株投資で成功したければ瞑想せよ!?

皆さんは瞑想をしていますか?


今朝読んだ記事によると、ファンド・マネージャーとして有名なレイ・ダリオ氏、ポール・チューダー・ジョーンズ氏は公に瞑想を推奨しています。更に、ゴールドマン・サックス、ドイツ銀行、ブラックロックも社員のために瞑想用の部屋が用意されています。

瞑想することでストレスを解消できる、頭がスッキリして冴える、と利点があることは確かなのですが、多くの人たちは瞑想についてこんな誤解をしています。
1、瞑想は坊主頭の人たちがすることである。
2、瞑想のやり方は一つしかない。ほとんどの人たちは瞑想と聞くと、上の写真のようなポーズを想像するが、瞑想のやり方はこれだけではない。
3、瞑想は難しい。
レイ・ダリオ氏は、瞑想についてこう語っています。
脳には様々な部分があり、相反する結論を同時に出すことが頻繁に起きる。「これは危険が伴うが面白そうだからやってみよう。」しかし、他の部分の脳からは「やめた方が良い」、という命令が出される。瞑想をしている時は前者の考えが静まり、前頭前皮質が活発に働いて心が開かれる。言い換えると、瞑想することは熱いシャワーを浴びることに似ている。特別に何かを考えている訳ではないのだが、名案が突然浮かんでくる。
トレーダーやファンド・マネージャーが瞑想をする一番の理由はストレスの解消ですが、こんな方法でストレスを解消しているトレーダーがいます。
あるヘッジファンドのトレーダーが、バカにできない膨大な量のフランス国債を空売りした。もちろん、心理的なプレッシャーは極度に大きく、彼は近くにある病院の癌病棟で寝泊まりすることにした。言うまでもなく、彼は癌患者ではないのだが、この行動について、彼はこう説明してくれた。「自分でもよく分からないのですが、癌病棟で寝泊まりすると心が落ち着くのです。患者たちは、命を落とすかもしれないという非常に厳しい現実に直面しています。それに比べれば、私のトレードなどチッポケなものです。」
著名医学博士のディーパック・チョプラ氏も瞑想を絶賛です。氏によれば、15分間の瞑想をすることで、30分の熟睡に相当する休憩を得ることができます。上記したヘッジファンド・マネージャー、ポール・チューダー・ジョーンズ氏はチョプラ氏の信奉者として有名です。

では、実際にどう瞑想したらよいでしょうか?手っ取り早いのは、グーグルでディーパック・チョプラ氏の瞑想方法を検索してみることです。それに、YouTubeにも多くの瞑想動画がアップされています。

たしかラリー・ウィリアムズ氏だったと思いますが、氏はトレードのストレスについて、こんなことを語っています。
毎晩グッスリ眠っているようなら、あなたの持っているポジションは小さすぎる。少し心配でよく眠れない、というのが丁度いいポジション・サイズだ。
(情報源:Meditation for Investment Professionals

Billionaire Ray Dalio credits meditation for success

Zen and the art of fund management

Deepak Chopra: Why Wall Streeters need to meditate

コメント