テクニカル指標に、どんなことが起きたら投資家たちは再度強気になる?

SEE IT marketに、こういうタイトルの記事が掲載されています。
7 Stock Market Signals I Need To See Before I Turn Bullish
強気になる前に確認したい7つのマーケットシグナル、といった意味になります。ふと思ったことですが、この題名は誤解されやすいのではないでしょうか?こう解釈する人がいると思います。
買い出動は、これらの7つのシグナルが全て出てからだ


くどい言い方になりますが、記事を書いたスティーブ・バーンズ氏は、7つのシグナルが全部出揃わない限り買えない、とは言っていません。ご存知のように、株式市場に対して悲観的でも買うことはできます。好例は、「皆が皆弱気だから買いだ」、という逆張り的な考え方です。

下が、バーンズ氏の指摘している7つのシグナルです。これら全てが出揃う頃は、大半の人たちが強気になり、マーケットに買い出動していることでしょう。
・ ダウ平均、S&P500指数などの株式指数の全てが、数日間以上にわたってコンスタントに10日平滑移動平均線より上で推移すること。
・ 10日平滑移動平均線が日中(イントラデイ)のサポートになること。
・ 短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けること(ゴールデンクロス)。たとえば、5日平滑移動平均線が10日平滑移動平均線を上抜ける。または、21日平滑移動平均線が、下から上に50日単純移動平均線をクロスする。
・ 株が上昇した日の出来高は、下がった日の出来高より多いこと。
・ 株式指数に連動するETFのMACDから買いシグナルが発せられ、その状態が継続すること。
・ 大きな強気な包み線が現れ、5日平滑移動平均線より上で終了すること。
・ 株式指数に連動するETFが200日単純移動平均線を突破すること。
ダウ平均に連動するETFの日足チャートを見てみましょう。


Aは10日平滑移動平均線、Bが200日単純移動平均線です。最近、数日間にわたってETF価格は10日平滑移動平均線より上で取引されましたがまたその下となり、売り圧力の強さが現れています。

矢印を入れましたが、出来高は下げた日が突出しています。金曜は反発ラリーの展開となりましたが、見てのとおり出来高は少なく(C)、本格的な買いというより空売りが一部手仕舞われたといった様相です。

1月の終わり頃(1)、MACDラインがシグナルラインを上抜けて買いシグナルが出ました。しかし、2で分かるように状況は一変して売りシグナルの点滅です。

長期的に見た場合は、現在のマーケットは売り基調です。


ダウ平均に連動するETFの月足チャートですが、6月単純移動平均線が24月単純移動平均線を下抜け、売りシグナルであるデッドクロスが先月末に起きています(1)。MACDの方は、一足先に売りシグナルが出ています(2)。長期的な流れが売り方向に傾いている訳ですから、もし買う場合は慎重な銘柄選択が必要です。

(参照した記事:7 Stock Market Signals I Need To See Before I Turn Bullish

コメント

amelie さんの投稿…
こんにちは
いつも勉強させて頂いています
教えていただきたいのですが、メリルリンチのbull
bearのindexのチャートを見たい場合は、どこでみることができますか?
教えていただけませんか?さがしたのですがみつかりません。それともうひとつ教えたいただきたいのですが、出来高で赤とか緑とかありますが、どのように判断すればいいのでしょうか?
せんぼくさん さんの投稿…
こんばんは。
いつも情報ありがとうございます!!

今、アルセロールミタルの株価が暴落中ですが、逆張りは危険ですかね?

2008年から株価が90%以上下落しているので、ちょっと行きすぎな株価に思えますが、

倒産するリスクも0ではないので、迷っています。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/MT
T Kamada さんの投稿…
>メリルリンチのbull bearのindexのチャートを見たい場合は

私はメリル・リンチのニュースレターに登録していないので見ることはできないです。時々ツイートしてくれる人たちがいるので、それを参考にしています。

>出来高で赤とか緑とかありますが、どのように判断すればいいのでしょうか?

終値比で、株価が前日より下げた場合は赤、その反対に上げた場合が緑です。
T Kamada さんの投稿…
せんぼくさん さん

こんにちは。アルセロールミタルの件ですが、私には何とも言えないです。ニューヨークにも上場されている株でシンボルはMTです。この株について知人と話したことはあります。現在の株価は3ドル15セントですが、もうかなり前になりますが、株価は1ドルを割っていたこともあります。これが月足チャートです。(https://www.tradingview.com/x/QLyacQrG/)どの辺で底打ちとなるかは分かりませんが、ご指摘のとおり、興味深い銘柄だと思います。