この株は買い集められている? (副題 : 嬉しかったこと)

嬉しかったこと。



私は2009年の1月からツイッターを使っていますが、「丁寧」と褒められたのは今日が初めてです。嬉しかったです。(向後はるみ氏のブログ

さて、株の話に入ります。先日、バランス・オブ・パワーについて書きましたが、買い集められていると思われる株について、知人と昨夜話をする機会がありました。

先ず、アルミメーカーのセンチュリー・アルミナムです。(日足チャート)


下降する200日移動平均線(A)で分かるように、長期トレンドは下げですが、株価の方はこの移動平均線の下で横ばいが続いています。

バランス・オブ・パワーを見てください。注目は四角で囲った部分です。最近はシステマチックな売りを示す赤い線が不在であり、緑と灰色が交互に現れています。この指標を考案したウォーデン社の人の話によると、このように交互に現れる緑と灰色は「システマチックな買い」を表わします。

最近の出来高にも注目です。


株価が上げた日(緑)の出来高は、株価が下げた日(赤)の出来高を上回っています。売り圧力が優勢であるのなら、これとは反対になる筈です。世界経済を考えると、ここでアルミ関連を買う気にはなれませんが、一部の投資家による買い集めが進んでいるといった様相です。

もう一例見てみましょう。


ポタッシュ・コーポレーション・オブ・サスカチュワン、肥料の大手です。センチュリー・アルミナムと同様に200日移動平均線は下降し、ダウントレンドが明確に示されています。しかし、バランス・オブ・パワーは緑と灰色の線が交互に現れ、買い集めが示唆されています。


ダイバージェンスも起きています。最近の値動きは横ばいですが、RSI(相対力指数)は既に上向きとなり、そろそろ一時的な反発ラリーが展開される可能性があります。

上の2銘柄はダウントレンドですから、ここで買うのは明らかに流れに逆らう買いです。できれば、先日のブログで紹介した「鍋底」の買いパターンが現れることを期待しています。



(情報源: 向後はるみ氏のツイート

酒田五法

コメント