2016年1月27日水曜日

著名ITコラムニスト: ツイッターの使い方は難しすぎる


ツイッターの競争相手はフェイスブックだ、と言う人たちがいますが、株価を見るかぎり、全く競争になっていません。アップトレンドの赤い線はフェイスブック、そして史上最低値付近で低迷しているのがツイッターです。

ユーザー数を大きく増やすために、ツイッターは140字制限をやめて1万字に増やす計画がある、といったことが先日報道されましたが、見てのとおり、株価には良い影響を全く与えていません。言い換えると、ツイートできる字数を増やすというアイデアに投資家たちは失望です。

アメリカ最強の情報技術コラムニストとして知られるウォルト・モスバーグ氏は、ツイッターについて、こんなことを書いています。
色々な問題があるが、ツイッターの根本的な問題は使い方が難しいということだ。ツイッターの機能は門外漢には分かりにくい。私のように何年も使っている者でも、状況にピッタリした機能を選ぶことは楽ではない。例えば、新ユーザーにはRTとQTの違いは分からないことだろう。他にも、嫌なフォロワーをストップするにはブロックするべきだろうか、それともミュートするべきだろうか?「いいね」をクリックすることは、そのツイートに同意するという意味になるのだろうか?更にDMに関して言えば、それは忘れ去られた継子といった存在だ。
要するにツイッターは、秘密の握手(暗号)と同じであり、仲間内でしか理解できないソフトウェアになってしまったのだ。正に秘密結社のようなものであり、インサイダーだけが、ツイッターの機能を十分に使いこなすことができる。このような壁は取り払わなくてはいけない。ジャック・ドーシー氏(ツイッターのCEO)は、新ユーザー、そしてベテラン・ユーザーにも魅力的なツイッターを再構築する必要がある。
では、どうやったら誰でも簡単に使えるツイッターが出来上がるでしょうか?モスバーグ氏は、「スマートフォンからもっとうまくアクセスできるアプリを開発すること。そして他社によって開発されたものも取り入れること」、などをあげています。更にモスバーグ氏は、ツイッターが所有する強力なアプリ、ツイートデックの更新スピードが速くなることを期待しています。

その他にもツイッターには問題がありますが、これは多くの人たちが同意すると思います。
ツイッターには多くの興味深い、楽しいツイートがある。しかし、ツイートは機械的にどんどん素早く更新されていくから、面白い内容のツイートを見逃してしまう。一日中ツイートを見ていることは不可能だから、寝ている間に、フォローしている人たちのツイートが、どんどんたまっていく。もちろん、朝起きてたまったツイートを全部読む時間もない。
ということで、ツイートできる文字数を1万に増やそうというのは、明らかに名案ではありません。モスバーグ氏が指摘しているように、ツイッターは門外漢には難解な、閉鎖的な仲間内だけでコミュニケートする場になってしまったのかもしれません。

(参照した記事:Mossberg: Twitter has become secret-handshake software

0 件のコメント: