毎年恒例のバイロン・ウィーン氏の10大予想: 次期大統領はヒラリー・クリントン??

過去30年間にわたり、ブラックストーン(世界最大の投資ファンド運用会社)のバイロン・ウィーン氏は10大予想を毎年発表しています。これらの予想は、ウィーン氏自身は半々以上の確率で起きると信じ、一般の投資家たちは、それらが起きる可能性は30%未満であると考える内容です。今年の予想を早速見てみましょう。

ウィーン氏
1、共和党候補のテッド・クルーズを倒して、大統領選挙は民主党のヒラリー・クリントンが当選する。更に11月の選挙では民主党が勝利し、上院の過半数は民主党議員で占められることになる。

2、今年の米国株式市場は下げ。弱い企業利益、不安定な世界情勢などが原因となって、投資家たちの現金ポジションが大きく増える。

3、数回の金利引き上げが今年予想されていたが、弱い経済成長を受けて、連銀が利上げするのは1回だけ。

4、米国の弱い経済成長、そして冴えない株式市場の展開で、海外からの米株投資が減る。

5、中国経済は辛うじてハードランディングを避ける。経済の低迷が続き、中国の若い世代は満足できる仕事を見つけることができない。

6、難民問題が悪化し、ヨーロッパの国々の対立が顕著になり、欧州連合の存続に危険信号が灯る。

7、弱い世界経済成長を受けて原油は30ドル台で推移する。イランからの追加生産、それに生産制限を拒むサウジアラビアも原油価格の低迷に結び付く。

8、ニューヨークとロンドンの高級住宅価格が大きな下落となる。両市の住宅市場からロシア、中国からの買い手が去る。安い原油が原因となって、中東からの投資家も住宅投資に消極的になる。

9、冴えない米国経済と株式市場が原因となって、米国債(10年債)の利回りは2.5%未満で推移する。資金の避難場所として国債が選ばれる。

10、膨大な赤字と弱い需要で、世界経済の成長は2%以下になる。

番外編: アベノミクスの効果が見え始め、日本は景気後退から脱出する。経済は1%の伸びを記録し、円安は更に進んでドル円は130円に達する。日経はラリーを展開し、22,000を達成する。

(参照した記事:Blackstone's Byron Wien unveils his big surprises for 2016

コメント