注意を払いたい30分足チャートの移動平均線

米キューリグ、139億ドルで投資家グループが買収へ-株価急騰(ブルームバーグ)
*キューリグ・グリーン・マウンテンはコーヒー関連事業を展開し、1杯分コーヒー抽出機「キューリグ」、1杯分「Kカップ」コーヒーを提供する。主要製品は「キューリグ」のほか付属品、200種以上のKカップのコーヒー、ココア、紅茶、緑茶、その他飲料、家庭用・業務用コーヒー豆及びコーヒー粉。(ヤフー・ファイナンス)

写真: ビジネス・インサイダー
カップ式コーヒーメーカーシステムを製造・販売する米キューリグ・グリーン・マウンテンは、JABホールディング率いる投資家グループへの身売りに同意した。買収額は約139億ドル(約1兆7200億円)。この1年間、株価の大幅下落を目の当たりにしてきたキューリグ株主に、予期せぬ大きな収入をもたらすことになる。(ブルームバーグ)
下が、キューリグの日足チャートです。


矢印で示したのが今日のローソク足です。買収のニュースで巨大な窓を開けて寄付き、株価は72%の大幅上昇で終了となり、空売りの怖さを改めて教えてくれるチャートです。

上のチャートには50日移動平均線が入れてありますが、複数の移動平均線を入れると、キューリグ・グリーン・マウンテン株のダウントレンドがいっそう明確になり、どう考えても空売りが正解です。


(Aが月曜のローソク足)

赤い線は50日、青は100日、緑は150日、黒が200日移動平均線です。最近は、下降する100日移動平均線の突破に難航していましたから、11月の安値再テストを期待して多くの空売りがあったことでしょう。空売りをしたくなっても当然のチャート・パターンなのですが、空売りを思いとどまらせる警報は出ていたのでしょうか?ここで思い出すのは、ブライアン・シャノン氏(アルファトレンズ)の言葉です。

下のチャートは、キューリグ・グリーン・マウンテン株の30分足チャートです。


円で囲った部分が月曜の取引です。期間(パラメーター)を65に設定した移動平均線(赤)に注目してください。11月の20日頃から上昇が顕著になっています。この65期間移動平均線は日足チャートに走る5日移動平均線にほぼ相当し、シャノン氏は、「65期間移動平均線が上昇している株の空売りは要注意だ」、と述べています。

(参照した記事:米キューリグ、139億ドルで投資家グループが買収へ-株価急騰

コメント