アメリカは豊かな国?

下はThe Economic Collapseからの抜粋です。

・ 人々は給料ぎりぎりの生活をしている。62%のアメリカ人の預金口座残高は1000ドル未満であり、21%のアメリカ人は預金口座を持っていない。

・ 43%の米国世帯は、毎月の出費が収入より多い。

・ 1971年、61%の米国人は中間所得層に属していた。しかし今日、その数値は史上初めて50%を割った。


・ ピュー・リサーチ・センターの調べによると、中間所得層に属する人々の中間資産額は、2001年から2013年の間に28%も減った。

・ 社会保障庁のデータによると、51%の米国労働者の年収は3万ドル(約360万円)未満だ。

・ 2000年、貧困層のボトム20%の中間世帯資産額は905ドルだった。そして2011年、その額はマイナス6029ドルに落ち込んだ。

・ 最近行われた意見調査によると、30歳未満の米国人の48%が、「アメリカン・ドリームは死んだ」と答えている。

・ 平均的な大人が持つ資産額で比較すると、米国は世界で19位という冴えない順位だ。

・ 米国の原動力となったのは起業精神だ。しかし今日、起業する人たちの数は史上最低だ。

・ もしあなたの借金がゼロ、そしてポケットに10ドルの現金があるなら、あなたは25%のアメリカ人より裕福だ。

・ なんと48.8%の25歳のアメリカ人は、親の家に相変わらず住んでいる。

・ 49%のアメリカ人は、政府から給付金を受け取っている世帯に属し、約4700万人のアメリカ人が貧困層に属す。

・ 約4600万人の米国市民が、困窮者のために設けられた食料配給施設を利用している。

・ 過去6年間で、ホームレスの子供の数が60%以上増えた。

・ 米国の65%の子供の家庭は、連邦政府から給付金など何らかの補助を受けている。

・ ジョン・ウィリアムズ氏(Shadow Government Statistics)によると、もし米国政府が正直に失業率を発表したなら、その数値は22.9%だ。

・ 1950年、80%の男性には職業があった。今日その数値は、たったの65%だ。

・ 今日、米国世帯が抱えるクレジットカードの借金は平均で1万5950ドルだ。

(情報源:58 Facts About The U.S. Economy From 2015 That Are Almost Too Crazy To Believe

コメント