株で損をしました、お金をください

「株で大損したので助けてください。お金をください」、と頼まれたら皆さんならどうしますか?震災で住居を失ってしまった人たちを助けよう、ホームレスの人たちを助けよう、といったことなら募金する気になりますが、株で大損した人に同情できる人は少ないのはではないでしょうか。
水曜のマーケット終了時点で、ジョー・キャンベルさんのEトレードの口座には3万7000ドルがあった。しかし一夜明けると、口座の価値はゼロになっていただけでなく10万ドルを超える借金ができていた。(CNNマネー)

キャンベルさんが大損した理由は空売りの失敗です。


カロバイオス・ファーマシューティカルズというバイオテクノロジー株の日足チャートです。Aが水曜のローソク足になり、この日の終値は2ドル7セント、そしてCNNが報道しているように、キャンベルさんの口座には3万7000ドルの価値がありました。

そして翌日、悪夢が起きました。Bのローソク足で分かるように、カロバイオス・ファーマシューティカルズは巨大な窓を開けての寄付きです。始値は13ドル94セントですから、株価は一夜で6.7倍に膨れ上がってしまいました。とうぜんのことながら、空売っていたキャンベルさんの口座にはマージン・コールが発生し、Eトレードから早速$106,445.56を請求される結果となりました。

401K(企業年金)を解約してキャンベルさんは借金を返済するようですが、老後のために貯めた金を失うのはつらいことです。そこでキャンベルさんは、人々から助けを得ようと決心して、オンライン募金サイトに早速登録しました。

gofundmeというのが募金サイトの名前です。誰でも簡単に登録でき、下は犬の治療費を求める例です。

gofundme
「募金してください、助けてください」、と懇願しているキャンベルさんの写真を見てみたかったのですが、キャンベルさんは既に募金運動をやめてしまったので、残念ながら写真を見ることができませんでした。マーケットウォッチの報道によると、たった一日だけの募金活動でしたが、キャンベルさんは5310ドルを集めることができたそうです。

さて、カロバイオス・ファーマシューティカルズ株が一夜で6.7倍になってしまった理由を簡単に説明しておきましょう。癌の治療薬を研究開発しているカロバイオス・ファーマシューティカルズ社は、研究を続けるために必要な資金が底をつき始め、経営が危ない状態に陥っていました。しかし木曜、投資グループがカロバイオス・ファーマシューティカルズを救済するというニュースが流れ、株価は暴騰となりました。

言うまでもなく、たった一夜で株価が6倍以上になることは滅多に起きることではありませんから、キャンベルさんは正に不運でした。普通なら、マージンコールが発生する前にポジションを処分する時間が十分ありますから、キャンベルさんの一件はきわめて稀な例です。更に、オンラインの募金サイトで株で出した損を穴埋めしようとしたというのも、おそらく稀な例でしょう。

(参照した記事: Man begs for money after risky bet implodes

Help! My short position got crushed, and now I owe E-Trade $106,445.56

KaloBios stock rockets after investment from Shkreli

コメント