現時点で銀を買うのは間違い??

ジェーソン・ゲップファート氏(SentimenTrader)は、銀価格が極めて重要なレベルに達していることを指摘しています。

チャート:SentimenTrader
Aは銀価格、Bは投資家たちの銀に対するセンチメントの最近3年間の動きです。右下がりの線で分かるように、銀はベアマーケットが続いています。センチメントを表す線が上昇している場合は、投資家たちが銀に対して強気になっていることを示し、反対に下降している場面では、投資家たちが銀に対して弱気になっていることを示します。

さて、現在のセンチメントは高レベルに達し、投資家たちは銀に対して極めて強気な状態です。ゲップファート氏は、こう書いています。
ベアマーケットという状況で、センチメントが50に近づきそこを超えることは、展開されている反発ラリーが終わりに近いことを意味する。現在の銀のセンチメントは62%に跳ね上がっている。
もう一度上のチャートを見てください。ゲップファート氏が指摘しているように、センチメントは超悲観的な20%台から、超強気な60%台へ上昇しています。更に氏が言うように、センチメントが現在のような高レベルに達すると、銀の一時的な上昇はストップして下げに転じています。

下は、銀の日足チャートです。

下の3本の線は、大口投機家、小口投機家、当業者(コマーシャル)の建玉状況が示されています。1の大口投機家だけに注目してください。点線を引きましたが、大口投機家たちの買建玉は5万枚付近でピークとなる傾向があります。A、Bで分かるように、銀価格の天井も買建玉のピークと、ほぼ一致しています。心配なのは現在(C)の位置です。見てのとおり、買建玉は既に5万枚に達していますから、大口投機家は銀を腹一杯に買ってしまった可能性があります。ということで、ここからの積極的な買いは避けた方が無難のようです。

(参照した記事:One Of The Most Important Keys To The Direction Of The Silver Market

コメント

匿名 さんのコメント…
金についてもほぼ同じ状況と考えて良いのでしょうか?
T Kamada さんの投稿…
匿名さん

ブログで引用したジェーソン・ゲップファート氏は、金も似た状況であると述べていますが、金の強気センチメントは銀ほど極端ではありません。銀の強気センチメントは62%に既に達していますが、金はまだ50%以下の42%です。ということで、センチメントという事だけを考慮すると銀の方が危険な状態です。
匿名 さんのコメント…
プラチナは如何お考えですか?
T Kamada さんの投稿…
匿名さん

プラチナは監視リストに入れてないので、よく分からないです。