フェイスブックを利用した銘柄選びの一例


お馴染みの、フェイスブックの「いいね!」です。英語版では「Like」になります。


書き込みや記事、メッセージが気に入ったら「いいね!」をクリックする訳ですが、この「いいね!」が株の銘柄選びに利用されています。
人気を気にするのは10代の若者たちだけではない。企業も同様に、11億1100万のユーザーを持つフェイスブックを監視している。「いいね!」がクリックされる回数は毎日45億回に及び、フェイスブックのユーザーたちに最も人気のある50企業には、2013年6月時点で、「いいね!」が13億回クリックされている。
この方法は、motif investingというサイトに紹介されているものですが、買う銘柄は「いいね!」のクリック数が最も多かった20企業になります。この投資方法は、「Lots of Likes (沢山のいいね)」と名付けられています。下が成績です(2010年10月12日~2015年10月12日)。

チャート:motif investing
緑の線はS&P500指数、そして薄い青い線がLots of Likesです。ということで、このやり方は、マーケットのバロメーターとして有名なS&P500指数を上回る成績です。

では、実際には、どんな銘柄に投資しているのでしょうか?下記が20銘柄です。(パーセンテージは資金の配分を示します。)
* The Coca-Cola Co (13.0%)
* Nike Inc (12.8%)
* Microsoft Corporation (8.5%) 
* McDonald's Corporation (7.0%)
* Sony Corp (6.3%) 
* Yum! Brands, Inc. (5.8%) 
* Mondelez International Inc  (4.9%)
* Starbucks Corporation (4.3%)
* PepsiCo, Inc.(3.9%)
* Wal-Mart Stores, Inc. (3.4%)
* L Brands Inc  (3.4%)
* Amazon.com, Inc. (3.3%)
* Intel Corporation (3.2%)
* Apple Inc. (3.2%)
* BlackBerry Ltd (3.1%)
* Kellogg Company (3.1%)
* Hershey Co (3.0%)
* Unilever plc (2.6%)
* Target Corporation (2.5%)
* Monster Beverage Corporation (2.5%)
5番目にはソニーが入っていますね。

(参照した記事:Here's How A Company's Facebook Page Can Beat The Market

motif investing

コメント

匿名 さんのコメント…
( ・∀・) イイネ!
T Kamada さんの投稿…
匿名さん

ww!