マーケット関係者、ブロガーたちのコメント

* 雨の確率は20%、という天気予報を聞いたらあなたはどうしますか?20%なら雨の心配は無い、と判断して傘を持たずに外出するかもしれません。しかし、雨の確率は100%という予報なら、あなたは傘を持って外出することでしょう。株のテクニカル分析も天気予報と同じです。株の分析をするのは確率を設定することであり、魅力の無い確率ならトレードをする必要はありません。 -- ブライアン・シャノン(Alpha Trends)

* 「私の好みに合わせて番組を変更してください」、などという事をラジオ局の責任者に言う人はいない。各ラジオ局にはターゲットにしている聴取者層があり、番組内容は標的となっている聴取者の好みに合わせて作られている。株のトレードも同じことだ。トレーダーは狙っているマーケットに合わせて、マーケットと一緒に進化する必要がある。 -- ブレット・スティーンバーガー(Trader Feed)

* 企業は相変わらず積極的に自社株を買い、その一方、投資家たちは持ち株の処分に忙しい。正に、売り手と買い手が互角といった状態だから、米国株式市場の横ばいは今年の終わりまで続く可能性がある。 -- ブライアン・レイノルズ(New Albion Partners)

* マンモスさんから電話

「インバウンドで観光バスが不足しているんだってよー」

ということで観光バス関連の話をしていました。昨日、6901澤藤も飛んでいましたしね。

インバウンドの5332TOTO向け売上高が比率が高く、なおかつバスはじめ自動車部品向け樹脂製品供給の4222児玉まで来た。

リニアの6397郷、TPPの3306麻あたりも来ているし、今年も夏相場は材料テーマ買いですねぇ。-- 今日の岡本

* 巨大石油会社シェブロンの利益も大幅減だ。第2四半期の利益は、去年の同時期を何と90%も下回る驚きの数字だ。-- マイケル・スナイダー(The Economic Collapse)

* 現在進行している金と銀の下げが最後の下げになるだろう。そして底の形成期が訪れる訳だが、底の形成は数ヶ月、数年間続く可能性がある。実例を挙げよう。

金の5年間にわたる底の形成:

チャート:peterlbrandt.com 

銀の21年間にわたる底の形成:

チャート:peterlbrandt.com
ピーター・ブラント(FACTOR Research Trading Services)

* 1961年から現在までの商品指数:

チャート:blog.kimblechartingsolutions.com
(1) 11年に及ぶラリー。(穀物は約250%の上昇)

(2) 20年に及ぶ下げマーケット。

(3) 10年にわたるラリー。(穀物は約250%の上昇)

(4)三重のサポートをブレイクダウン。(2)で展開された長い下げ相場の再来だろうか?

クリス・キンブル(Kimble Charting Solutions)

コメント