ベテラン・トレーダーからのアドバイス: 寝る前にチャートを見なさい

トレード歴20年のベテラン、アダム・グライムズ氏に、こんな質問が読者から寄せられています。
寝る前にチャートを見ることを勧めておられますが、そうすることで何か良い結果が得られるのですか?


就寝前にチャートを見ると、私の場合ですが、寝付きが悪くなるので、寝る直前はコンピューターやスマートフォンをなるべく見ないようにしています。正確に言うと、チャートの次はゲーム、そして動画というパターンになるので、寝る時間は1時を過ぎてしまいます。

本題に戻ります。グライムズ氏の回答です。

何かを習得する場合、私たちは毎日数時間、たとえば2時間を学習時間に割り当てます。しかし、それは最善な方法ではありません。なぜなら、私たちは割り当てた全ての時間にわたって集中力を持続することはできません。そして、映画や読書からの例で分かるように、私たちは物語の最初と最後の部分を特によく憶えているものです。集中力が無くなったら勉強は中止して休憩する。ですから、短時間の集中学習と休憩を繰り返すことが効果的です。
では、なぜ寝る前にチャートを見るのでしょうか?もっと広く言えば、なぜ就寝前に学習する必要があるのでしょうか?これは私個人的なことですが、寝る前に勉強すると、私はそのことを夢に見るのです。たとえば音楽なら、起きているときには不可能なことを夢の中で感じ取ることができ、学習効果がいっそう上がるのです。うまく説明することはできませんが、私の場合は、夢で見ないようなら、まだ学習が足りないという証明になります。
人生の多くの時間は睡眠に費やされますから、これを学習に役立てよう、というのが私の考え方です。株チャート、音楽、外国語、なんでも構いませんから寝る10分前に勉強してください。そして眠りにつくのです。とにかくやってみてください。何かが起きる筈です。
皆さんも似た話を聞いたことがあると思います。数学の問題の解き方が分からず、そのことを考えながら眠りについたら、夢の中で問題を解くことができたという話を聞いたことがあります。私自身も、かなり昔の話ですが、就職の面接試験のことを気にしながら眠りについたら、面接試験の夢を見ました。驚いたことに、翌日の面接で質問されたことは夢の中で質問された事と全く同じでした。

グライムズ氏の意見に賛成です。寝る前の10分間を学習にあてることは、とても有意義であると思います。夢で解決を得ることができなくても、朝起きたら良い考えが突然浮かぶ、といったことも起きますから、就寝前の10分間を有効に使いたいと思います。

(参照した記事:Reader question: you can do it in your sleep?

コメント