国際競売会社とバブル

サザビーズという世界最古の国際競売会社があります。
サザビーズ: 1744年3月11日、サミュエル・ベイカーがジョン・スタンリー卿の図書館に所蔵されていた「数百の価値ある」本を売却する際、イギリスの首都ロンドンに設立された。当時の貴族は知的好奇心と虚栄心を満たすために、彼らにとって『価値が有る書籍』をどんなに高価でも入手しようとしていた。
1983年に、アメリカの富豪A・アルフレッド・トーブマン(A. Alfred Taubman)によって買収され、1998年に公開会社となった。またサザビーズは、世界における卓越した美術品競売会社の地位をめぐって、クリスティーズ社との間に熾烈な競争関係を築いている。インターネット上でオークションを開催した世界初の美術品オークションハウスでもある。(ウィキペディアから)
写真:DEALBREAKERから
サザビーズで競売されるのは高価なものばかりなので、ほとんどの人たちには用のない会社なのですが、先ず、サザビーズの週足チャートを見てください。


金曜の終値は37ドル84セントです。チャートパターンや値動き、トレンドなどは全く気にしないでください。次に、このツイートを見てください。



ツイートしたのはNickさん(floatingpath)ですが、「サザビーズの株価はマーケットのバブルで最高値に達する傾向がある」、というものです。たとえば、Aは日本株バブル、Bは米ハイテク株バブル、そしてCは米住宅市場バブルです。

見てのとおり、NickさんはA、B、Cのサザビーズの高値を結ぶ線を引いて延長させています。現在の株価は、まだこの線に達していません。Nickさんの論法で行くと、現時点ではバブルは存在しません。バブル警報が出るためには、サザビーズの株価が上昇する線に接触する必要があり、株価が約75ドルになると線に接触となります。

上記したように、金曜の終値は37ドル84セントですから、上昇する線に触れるためには株価が2倍になる必要があります。ということで、バブルの心配は、もうしばらくする必要はなさそうです(笑、笑、w)。

(参照した記事: サザビーズ

This chart will tell you when the next stock market bubble is about to burst

Nickさんのツイート

コメント

匿名 さんのコメント…
いつも読ませて頂いてます
これは興味深い...
T Kamada さんの投稿…
匿名さん

こんにちは。

競売で思い出すのはこの記事です。「ピカソ『アルジェの女たち』、215億円落札-競売で史上最高額」このニュースが報道された時は、「バブルだ!」という声が多く聞かれました。
匿名 さんのコメント…
凄く興味深いですね。
ただCの高値に水平線を引くと別の世界も見えますね。これから注目ですw
T Kamada さんの投稿…
匿名さん

そうですね、水平線を入れると違ったようすになりますね。サザビーズに本当に先見性があるかは分かりませんが、しばらく追ってみようと思います。