2015年8月10日月曜日

ツイッター株に現れた強気なキッカー・パターン

月曜の取引を20分ほど残し、ツイッター株は約9%の大幅上昇です。ツイッターのCEOに暫定的に就任となったジャック・ドーシー氏が、ツイッター株を31627株買ったというニュースが報道され、寄付きから買い人気となっています。


上が米証券取引委員会に提出された書類です。四角で囲いましたが、取引があったのは8月7日(金)、買った株数は31627、そして購入価格は一株あたり平均$27.6669ですから計87万5000ドル(約1億円)ほどの取引になります。

さっそく非難の声が出ています。
史上最低のレベルで取引されているツイッター株をここで買うことで、株主たちを元気付けよう、という目標は達成されたようだ。持ち株の売却ニュースより購入の方が良いニュースであることは確かだが、買った株数は少なすぎる。ドーシー氏がビリオネアであることを考えれば、もっと大量な株数を買うことができた筈だ。ドーシー氏が買った株数は31627株だが、去年の11月以来、氏は49ドルから39ドルの間でツイッター株を37万9000株以上も売却している。 -- マイルズ・アドランド(ビジネス・インサイダー)
注目は、ツイッター株の日足チャートに形成された今日のローソク足です。


力強い陽線が形成されていますが、これは米国トレーダーたちが「ブリッシュ・キッカー」と読んでいる極めて強気なパターンです。

ブリッシュ・キッカー・パターン
チャートを見比べると分かりますが、ツイッターに出現したのは、正に教科書と同様な強気キッカー・パターンです。更に、キッカー・パターンはトレーダーの間で最も人気のあるパターンの一つであり、INVESTOPEDIAはこう説明しています。
キッカーは最も信頼度が高いリバーサル・パターンの一つであり、企業に大きなファンダメンタル的変化が起きた時に現れるパターンだ。
約1億円の買いが大きなファンダメンタル的変化とは思いませんが、チャートパターンはダウントレンドが終わった可能性があることを示しています。

(参照した記事:Twitter rebounds after Jack Dorsey buys shares

Jack Dorsey bought a paltry 31,627 shares of Twitter — and the market loves it

Kicker Pattern

0 件のコメント: