プレイメイト・オブ・ザ・イヤーは株のデイトレーダー

ケネディ・サマーズという名前を聞いたことがあるでしょうか?下は、2014年5月16日のロイターから抜粋したものです。
米男性娯楽誌「プレイボーイ」の創刊者ヒュー・ヘフナー氏のカリフォルニア州ロサンゼルスにある豪邸プレイボーイマンションで15日、55代目となる2014年の「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー」にケネディ・サマーズ(27)が選ばれた。サマーズには10万ドル(約1000万円)の賞金のほか、ダイヤモンドが施されたオリスの腕時計と、高級車ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ロードスターの1年間のリースが贈られた。
今日初めて知ったことなのですが、実はサマーズさんは株のデイトレーダーでもあります。




上の写真は、サマーズさんのツイッターからとったものです。プロフィールには、デイトレーダー(DAY-TRADER)という言葉がモデル、俳優という言葉と一緒に並んでいます。

具体的に、どんなキッカケでトレードに興味を持つようになったかは分かりませんが、彼女のおじいさんが銀行家で、株の話を子どもの頃によく聞かされたそうです。お父さんが米国陸軍だった関係で、サマーズさんが生まれたのはドイツ。その後、米国に帰ってからはバージニア州で育ち、メリー・ボールドウィン大学(人類学専攻)を卒業です。

大学卒業後、モデルを目指してサマーズさんはミラノへ渡りました。しかしその後、大きく方向を変えて彼女はキュラソー島にある医大に入学です。医大には2年半ほど在学しましたが、やはりモデルを諦めることができず写真をプレイボーイに送りました。ここから話はトントン拍子に進み、2014年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤーに選ばれる結果となった訳です。

繰り返しになりますが、どんなキッカケで彼女がデイトレーダーを志したかは分かりませんが、「モデルの収入は不安定だから他の収入源が欲しかった」、とサマーズさんは語っています。

サマーズさんは、まだ新米トレーダーです。「良い日は600ドルの儲け、ダメな日は1300ドルほどの損がある」、と彼女は語っていますが、サマーズさんは一人でトレードをしているのではありません。Cyber Trading Universityというオンラインのトレード学校で彼女はデイトレードを学び、現在はCyber Trading Universityのチャットルームに属し、トレード・コーチのアドバイスを頼りにトレードをしています。

私はCyber Trading Universityの事は全く分かりませんが、専門家の下でトレードを学ぶことは有益なことだと思います。私の場合は、ありとあらゆるトレードに関する本を読み試行錯誤という状態でした。お陰で、かなりの時間がかかってしまいましたから、だいぶ遠回りをしてしまったのではないかと思われます。もちろん、「急がばまわれ」という言葉もありますから、試行錯誤も悪くないかもしれません。さて、今日からサマーズさんのツイートもフォローしてみようと思います。

(参照した記事:Meet the Playboy 'Playmate of the Year' who has become obsessed with trading stocks

2014年「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー」、K・サマーズに決定

コメント