チップ収入が欲しい米国の医師、歯科医たち

ご存知のように、米国にはチップの習慣があります。たとえば、レストランで食事をした場合は15%から20%のチップ、そしてタクシーに乗った場合は運転手に10%から15%のチップを渡します。

信じられなかったのは、このCNNニュースの見出しです。


「歯医者にチップをやりますか?」、という意味ですが、多くの人たちの答えは「ノー」だと思われます。しかし、少し考えてみました。

たとえば、レストランで50ドル分の食事をしたとします。チップは15%ですから、テーブルにウェイトレスのために7ドル50セントを残して店を出ます。しかし、ウェイトレスに全く笑顔が無く、態度が悪かった場合は1ドルのチップを置いて不満を表明することができます。もちろん、極めて気の利く明るいウェイトレスなら、30%のチップを置いて感謝の気持ちを示すこともできます。

では、歯医者の場合ならどうでしょうか?皆から好かれるとても良い人柄、そして丁寧な治療だったら、「先生ありがとう」という気持ちを表す意味で歯医者にチップを渡すことは間違った行動でしょうか?治療が気に食わなかったら、たったの10セントのチップを渡して、不快の気持ちを明瞭に表明することもできます。
スクエア社(モバイル決済会社)によると、レストラン業以外の業種からも、請求書にチップ欄を入れて欲しいという要望が出ている。(CNN)
下は美容院の請求書(勘定)の例です。

CNN

合計金額は135ドルです。そして、円で囲った部分がチップ欄になります。この場合は、お客さんはチップ20%にチェックしています。
チップ欄付きの請求書を使う歯医者、医師が増えている。更に、弁護士や会計士からもチップ欄付きの請求書の需要が増えている。 -- グレース・チェン(スクエア社)
ウエイトレスと歯科医の決定的な違いは何でしょうか?米労働統計局によると、歯科医の平均年収は14万6340ドルです。言い換えると、歯科医はチップ収入など要りません。ウエイトレスの平均時給は10ドル4セント、そして平均年収は2万880ドルですから、時給を補うチップは極めて重要な収入源です。

時給の低いウェイトレスがチップに頼るのは分かりますが、医師、歯医者、弁護士、会計士といった高収入を得ている人たちがチップ欄を請求書に設けていることに疑問を感じます。現に、ニュースを読んだ人たちは、こんな感想を書き込んでいます。
* 完全に馬鹿げている。見事に、壮大に、決定的に馬鹿げた話だ。 -- RJCalifornia
* 絶対にチップはやらない。医師や歯科医には十分すぎる収入がある、そもそもチップというのは、時給の低いサービス業に従事する人たちに支払われるべきものだ。 -- sal2177
* 彼らは恥ずかしくないのだろうか。私が医者なら患者にチップなど請求しない。 -- emmasdad
* 私は歯医者にチップなど渡さない。しかし、チップ欄付きの請求書を見た人の何割かはチップを払うことだろう。 -- JohnnyD321
* 会計の窓口にいる人が可愛かったらチップをやるかもしれない。 -- RMurdochFox
* 高額な治療費を請求され、更にチップ? そんなものを払う人はいない。 -- zersbeavs
* もし医者からチップを請求されたら新しい医者を探す。 -- MCLSG
* 「歯医者にチップをやりますか?」 こんな事が質問になることじたいが既に狂っている証拠だ。 -- nordicnews

(参照した記事:Would you tip your dentist?

コメント