2015年2月24日火曜日

連日高値更新のアップル株は割高??

今日も高値を更新、好調なアップル株です。

アップルの週足チャート
 これで時価総額は7700億ドルを超え、2位のエクソン・モービル(3750億ドル)を大きく引き離しています。とうぜん疑問になるのはこれです。「現在のアップルの株価は割高だろうか?」

ファンダメンタルズ分析に強い人なら、特に会計の知識を豊富に持つ人なら、それなりに計算してアップルの適正な株価を計算することでしょう。しかし、私のような怠け者は、手っ取り早く簡単に計算する方法はないものか、と考えます。

面白いと思ったのは、割安株の投資で有名なエディ・エルフェンバイン氏の方法です。
先ず断っておきたいことは、これは正確、緻密なやり方ではないということ。あくまでも大雑把な計算方法ということだ。(エディ・エルフェンバイン)
下が式です。

①、予想される年間成長率を2で割ります。

②、1の答えに8を足します。

③、2で得られた数値がPER(株価収益率)です。

さっそく計算してみましょう。

データ:ヤフー・ファイナンス
注目は、赤い線を引いた部分です。向こう5年間を考慮すると、アップルは年率で12.76%の成長が予想されています。

①  12.76% ÷ 2=6.38

上の答えに8を足します。

②  6.38 + 8 = 14.38

③ 上で得た答えの14.38がアップルのPERになります。

データ: ヤフー・ファイナンス
次に必要なのは、アナリストたちが予想している来年のアップルの一株利益です。四角で囲った部分がそれになります(9.19)。

③の数字に、上の9.19を掛けたものがアップルの適正株価です。

14.38 x 9.19 = 132ドル15セント

ということで、エルフェンバイン氏の方法で計算すると、アップルの適正株価は132ドル15セントになります。

もう一度、一番上のアップルのチャートを見てください。現在の株価は132ドル37セントですから、ほぼ適正値ということになります。ご存知のように、株価が適正値で止まることはありません。20%、50%、と割高になるまで買われるのが普通ですから、アップルがここで天井になってしまうことはないように思われます。

計算に必要な数字は、ここから得られます。)


ついでに、ツイッター株を見てみましょう

現在の株価: 48ドル76セント

データ: ヤフー・ファイナンス
向こう5年間に期待できる成長率は年換算で74.90%です。

① 74.90% ÷2 = 37.45

上の答えに8を足します。

② 37.45 + 8 = 45.45

③ 上の45.45がPER(株価収益率)です。

データ: ヤフー・ファイナンス
予想されている来年の一株利益は81セントです。この数値に3の答えを掛けます。

0.81 x 45.45 = 36ドル81セント

ということで、36ドル81セントが適正株価ですから、現在の株価(48ドル76セント)は32%ほど割高です。繰り返しになりますが、エルフェンバイン氏の言うように、これはあくまでも大雑把な計算方法です。 

(参照した記事:World’s Simplest Stock Valuation Measure

0 件のコメント: