米国消費者に大人気のアマゾン、しかし株主たちは、、

米国で最も人気の企業はアマゾン・ドット・コムだそうです。


上はアマゾンのロゴですが、どんな意味があるかご存知でしょうか?

文字の下にある矢印はニッコリと笑っている口のように見え、これは客を幸せにするという意味があります。更に、この矢印はaから始まってzで終わっています。これは、アマゾンはAからZに至る、ありとあらゆる商品を揃えていることを表わしています。

ミシガン大学が消費者の満足度を調査した結果、最も高得点だったのは100点中88点を獲得したアマゾン・ドット・コムです。(2位はケチャップで有名なハインツ社、3位は86点の同得点を獲得したチョコレートのハーシー、そして自動車メーカーのメルセデス・ベンツ。)

アマゾンで買い物をする人たちは、アマゾンに大満足ですが、株主たちは正反対です。大型株指数のS&P500指数は今年14%の上昇ですが、アマゾンは、なんと22%も下げています。

アマゾンのチャートをいくつか見てみましょう。先ず、月足チャートです。


上昇するトレンドライン(1)で分かるように、今のところアップトレンドが維持されています。しかし、12月移動平均線(2)が下向きになり、上昇の勢いに衰えが見られます。

下は週足チャートです。


三角計が形成されています。見てのとおり、上辺が下降し上値が重い状態ですから、284ドル付近を走る底辺を割る可能性があります。

日足チャートも見てみましょう。



A、Bは週足チャート上に引いた三角形の上辺と底辺です。下降する200日移動平均線(1)で分かるように、アマゾンは明らかなダウントレンドです。長期的に見た場合、月足チャートはまだアップトレンドですが、崩れが顕著な日足チャートからの悪影響が月足チャートに及ぶのは時間の問題のような気がします。底辺が位置する284ドルは極めて重要です。もし、株価がそこを割るような事態となると月足に走るアップトレンドラインも崩れ、長期上昇基調が崩壊します。


コメント