ゴールドマン・サックス: 2015年、ドル円は130円に達する

2015年のマーケット・テーマの一つとして、ゴールドマン・サックスはドルのブルマーケットをあげています。
ドル高が続く。2015年の年末までに、ユーロ・ドルのレートは1.15ドル、そしてドル・円は130円に達するだろう。 


InvesTRACは、このような見方を発表しています。

チャート:InvesTRAC
InvesTRACドル指数の長期チャートです。先ずAの部分で分かるように、ドルは30年間続いていたダウントレンドラインを突破しています。そして現在(B)、ドル指数は11年間続いている横ばいゾーンの上限に迫っています。
30年に及ぶドルのベアマーケットが終わった。短期的には、横ばいゾーンの上限突破に難航するだろうが、そこを越えてしまえば以前の高値を目標に約30%の上昇が見込める。(InvesTRACのブログから抜粋)
ドルの上昇が始まったのは米国経済が強くなったからだ、と言われていますが、ラリー・エーデルソン氏(投資アドバイザー)はこう語っています。
ヨーロッパの経済危機と戦争周期がドル高の主な原因となっている。特に強調したいのは戦争周期だ。まるで旧ソ連の回復を狙うようなプーチン大統領の政策、そしてイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国(ISIS)」によるテロ活動の例で分かるように、現在の世の中には、記録的な数の軍事的衝突が起きている。戦争不安は更にエスカレートし、避難場所であるドルへの資金の流入はまだまだ続く。
ヨーロッパの経済危機、日本のリセッション入り、中国の予想外の利下げで分かるように、米国以外の国々における経済の低迷が続いています。言い換えると、米国経済が極めて強いのでドル高になっているのではなく、周囲の国々の不調がドルを押し上げる結果となっています。
米国は量的緩和を終了した。しかし他の国々では、これから本格的な量的緩和が始まる。ドル高は数年以上続くことだろう。(フォーチュン誌)
ドル高は長期間続く、という見方が主流となった今日、投資家たちから注目されているのがドル指数に連動するETFです。下が日足チャートです。

PowerShares DB US Dollar Bullish (UUP)

20日、50日、200日移動平均線の3本が揃って上昇し、強いアップトレンドが示されています。金曜の取引では年初来高値が記録され、上昇の勢いに弾みが付いていますから、来週も強い展開になりそうです。もし押し目を待つのなら、20日、そして50日移動平均線が買いタイミングの目安になります。

ユーロが下がると上昇する仕組みになっている、ユーロのベアファンドも注目されています。下は、ProShares UltraShort Euro (EUO)の日足チャートです。(ユーロが対ドルで1%下落すると、このETFは2%上昇します。)


これも強いアップトレンドです。短期レジスタンスライン(1)に迫っていますから、ブレイクアウトを合図に買いが集まることでしょう。ドル指数に連動するETFと同様に、押し目買いのタイミングをつかむには、20日と50日移動平均線を利用するとよいでしょう。

(参照した記事:GOLDMAN: Here Are The 10 Big Market Stories That'll Dominate 2015

US DOLLAR AT START OF LONG TERM BULL MARKET

Will the U.S. Dollar's rise last?

コメント

lineの倍 さんのコメント…
円ドルに関しては特殊要因があります。GPIFが日本国債の一部を米国債にすることは新聞によく書かれていますが、もう一つゆうちょ銀行が、たぶん株式公開を視野にいれて、日本国債を売って米国債を買っています。年間10兆円のオーダーです。これはほとんど新聞に書かれません・・・。決算書を見ると解ります、ハイ。すでに日本国債の発行額は民間部門預金額を越えており、日銀が追加緩和しないとGPIF,ゆうちょ銀行の売りをかばーできず、売れ残りが生じてしまう状況です・・・、ちょっと悲しい・・。このこともなぜか新聞に載らない・・・。日銀のHP,財務省のHPを見ればすぐに理解できます。
lineの倍 さんのコメント…
もう少し書き加えると、このGPIFやゆうちょ銀行のドル買い・円売りは年間何十兆円のレベルで、今後数年間継続します。しかもFX投資家のように行きつ戻りつすることはなく安定的一方向の資金流入です。日米金利差で予想される、というような話ではありません。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/financial/pdf/kessan2015q2_hosoku.pdf

4ページ目 2.資金運用を見て下さい。