NYダウ、重要なレベルのテスト中

大幅なマーケットの下げで、多くの持ち株に被害が出た。もし株を昨日全く処分していなかったら、今日は自分の葬式に参列することになっただろう。--  The Fly (iBankCoin)
嫌なムードになってきました。
CNNマネー
恐怖&欲 指数(Fear & Greed Index)です。現在の数値は7、投資家たちは極めて強い不安を感じている状態です。


上の日足チャートで分かるように、ダウ工業株30種平均は重要なレベルに迫っています。言うまでもなく、上昇トレンドを維持するためには、このトレンドラインを割る訳にはいきません。

最近よく聞くのは、「小型株指数は既にブレイクダウンしているから、大型株指数であるダウやS&P500指数が崩れるのは時間の問題だ」、という見方です。そして、「フランス、イギリス、ドイツ、中国の株式市場が既に重要なレベルを割ったことを考えると、米国株式市場だけがこのまま上昇基調を継続するのは無理だ」、という見方もあります。

今日、株を処分した人たちは、このニュースを売り材料の一つにあげています。
世界成長予想引き下げ、ユーロ圏・日本にIMF警告
[ワシントン 7日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は7日に発表した「世界経済見通し」で、2014年の世界経済の成長率予想を3.3%、15年は3.8%に引き下げた。ユーロ圏の中核となる国々や日本に加え、ブラジルなど新興国の成長鈍化を警告した。7月時点の予想は14年が3.4%、15年は4.0%だった。
米国経済は、確かに勢いがついていますが、ユーロ圏や新興国の経済成長が鈍化してしまったのでは、米国経済にブレーキがかかる可能性があります。上のチャートで分かるように、ダウはまだアップトレンドラインを割っていません。しかし、「米国だけが強さを保つのは無理だ」、と毎日のように報道される意見に多くの投資家たちは賛成し始めたようです。

(参照した記事:5 of 6 markets break support as IMF lowers global growth forecast!

世界成長予想引き下げ、ユーロ圏・日本にIMF警告

コメント