先週のマーケットを振り返り: チャートをいくつか見てみましょう

先週のマーケット:

ダウ平均: +0.41%

S&P500: +0.27%

ナスダック: -0.33%

先週最も好調だったのは+4.43%のアルミニウムです。

アルミニウム株指数(日足)
力強いブレイクアウトです。この指数に属する代表的な銘柄はアルコアですが、特に強いのは先週8.57%の上昇となったセンチュリー・アルミニウム・カンパニーです。

センチュリー・アルミニウム・カンパニー(日足)
買われすぎなものは更に買われ過ぎになる、という好例です。

先週嫌われたのは金です。金鉱株指数はマイナス3.42%ですが、位置的には反発に期待できます。

金鉱株指数(日足)

1が金曜のローソク足です。目立つ下ヒゲが形成され買い圧力が示されています。このローソク足が形成された位置には200日移動平均線(2)、そして61.8%の値戻しレベル(3、 5月の安値から7月の高値で測定)が走っています。言い換えると、ここはダブル・サポートになっており、買い手が現れやすい場所です。もちろん、この61.8%のレベルが割れると、失望売りが殺到という可能性もあります。

コメント