2014年9月1日月曜日

トレーダーたちが語るAha moment

Aha moment: 〔問題の答えが突然ひらめいたときなどの〕なるほど!と思う瞬間

have an aha moment: 目からうろこが落ちる思いがする


トレードをしていると、突然ハッと気がついたり、目からうろこが落ちる思いをすることがあります。下は、為替サイトの掲示板に書き込まれていたトレーダーたちの「Aha moment」です。

・ 長いタイム・フレーム(時間軸)のトレンドに逆らわないこと。

・ 重要なのはポジション・サイズだ。(株の場合ならトレードする株数)

・ トレード方法より大切なのはポジション管理と危機管理。

・ 複数の時間軸のチャートを利用すること。たとえば、日足、4時間足、1時間足のチャートを活用することで、どこにトレードチャンスが現れているかを見ることができる。

・ トレードで生きのびるためには損を最小限におさえること。しかし、利益を最小限におさえてはいけない。

・ 儲からないのはテクニカル分析、ファンダメンタル分析が間違っているからではない。問題なのは、自分が持つマーケットに関する大局観や偏見だ。

・ MACD、移動平均線、ストキャスティクスなどの指標はトレードの邪魔になるだけだ。

・ チャートには、やたらと指標を入れないこと。トレンドライン、サポートライン、そしてレジスタンスラインだけで十分だ。

・ なぜ損ばかりするのだろう、と真剣に過去のトレードを振り返ってみた。分かったことは、儲けが出ているトレードはトレンドが明確な状況で行われていた。損が出たトレードは、マーケットに明確なトレンドが無い状況で行われていた。

・ Aha momentには感激、興奮が伴うものだ。しかし、Aha momentは単なる思い違い、カン違いである場合もある。Aha momentが単なる早合点であったことは、損という形で直ぐに実証される。重要なことは、常に学び続ける姿勢だ。

私の場合は、Aha momentなどと言えるほど大したものではありませんが、失敗から色々と学びました。特に重要だと思うのは待つことです。自分の好きなパターンが現れるのを待てばよいのですが、トレードをしたいという気持ちに押されて、不満足なパターンでトレードをしてしまうことがあります。もちろん、こんなトレードで成功することはありません。

(情報源:AHA moments in your trading career

0 件のコメント: