2014年8月18日月曜日

株式市場、住宅、トラックの運転手

・ 向こう12ヶ月間、利上げが予期される2015年の第3四半期までに、S&P500指数は6%の上昇となるだろう。過去を振り返ってみると、第1回目の利上げが実施されるまでの一年間のマーケットはラリーの展開となっている。実例は1994年、1999年、そして2004年だ。歴史がいつも繰り返されることはないが、今回は繰り返されることになりそうだ。 -- デビッド・コスティン(ゴールドマン・サックス)

・ 今年の米国の住宅販売件数は去年の数を下回ることだろう。2015年の販売件数は、2013年と2014年を上回ることが予想されるがブレイクアウトを期待することはできない。-- ダグ・ダンカン(ファニー・メイ)

・ 経費の上昇、そして給料の低下が主な原因となって米国ではトラックの運転手が足りない状態だ。アメリカン・トラッキング・アソシエーションズの発表によると、現在アメリカでは3万人のトラック運転手不足だが、この数値は2022年までに23万9000人に達することが予想されている。-- ビジネス・インサイダー

・ 予想されたように米国株式市場は反発となった。頭に入れておいてほしいことは、これは単なる反発であり、それ以上のものではない。次にやって来るのはダウ平均の20%下落だ。 -- ラリー・エーデルソン(Money And Markets)

・ スティーブン・アウス氏(Federated Investors)の強気姿勢に変化はない。経済の成長に弾みがついたことを考えると、向こう18ヶ月から2年間で、S&P500指数は現在の位置から30%ほど上になる2500に達するだろう、とアウス氏は言う。 -- バロンズ誌

・ 最新の調査によると、36%の米国人には老後のための貯蓄が全くない。現に、65才以上の人たちで老後の貯蓄ゼロは14%、50才から64才までは26%、30才から49才は33%、18才から29才は69%という状態だ。 -- USA TODAY



・ 旅行などで運転の機会が増える夏はガソリンの値段が上昇する。しかし今年は違う。トリプルAのデータによると、1ガロンあたりのガソリン平均価格は3ドル45セントになり、これは4月に記録した高値から6.5%も下がっている。-- Bespoke Investment Group

Bespoke Investment Group

1ガロンあたりのガソリン全米平均価格

0 件のコメント: