雲に挑戦中のコーヒー

今年の春、大きな話題になったのは急騰したコーヒーです。下は、コーヒーの価格に連動するETN(上場投資証券)、iPath DJ-UBS Coffee TR Sub-Idx (JO)の週足チャートです。

去年11月(A)、ETN価格は20ドル37セントでした。しかし状況は一転して今年の3月(B)、41ドル98セントの高値を記録です。ここで話はそれますが、穀物を現在買っている人たちは、コーヒーのような急騰が展開されることを期待しています。たとえばトウモロコシです。


トウモロコシのETF、Teucrium Corn (CORN)の週足チャートです。長い低迷が続いていますが、RSI(相対力指数)は下降するトレンドラインを突破しています(1)。これを見て既に買った人もいると思いますが、多くの人たちは、ETF価格がトレンドライン(2)を実際に越えてから買いに参加してくることでしょう。

その後のコーヒーのETNの様子です(週足)。


金曜の終値は36ドル36セントです。もしAB=CDのパターンだとすると、目標価格はDの53ドル付近になります。どういうタイミングで買ったら良いでしょうか?一目均衡表が参考になります(日足)。


Aで示しましたが、雲の突破が買いシグナルです。既に転換線は基準線より上にあり、遅行スパンも26日前のローソク足より上で推移していますから、雲の突破を期待して金曜に買った人たちもいることでしょう。もし雲を突破した場合、第1目標は8月1日の高値(40ドル25セント)です。

コメント