2014年6月17日火曜日

銀: 膨大な空売り残高、そろそろショート・スクイーズ?

リチャード・ラッセル氏は今年90才、今日もダウ・セオリー・レターズ(1958年創刊)の執筆をしています。
米政府と連銀は、インフレ、経済、そして雇用状況について国民を騙し続けてきた。国民は政府の流すプロパガンダと嘘の中で暮らしてきたが、いよいよコルクの栓がボトルから吹き飛ばされる時が来たようだ。上昇が始まったメタル市場が明確な警報を発している。次のステップはドルの大幅下落だ。更に、COMEX銀には膨大な空売り残があるから、売り手たちは、そろそろ買い戻しに迫られることだろう。
リチャード・ラッセル氏
6月9日のGoldMoneyには、銀の空売りに関する、こんなチャートが掲載されています。


大きな上昇となっていますが、これはヘッジファンドなどの大口投機家による銀の空売りポジションの増加を示しています。
銀のダウントレンドを追い求める投機家たちは、ひょっとすると罠にはまった可能性がある。現在空売られている銀の量は2億1402万オンスに達し、これは全世界で年間に生産される量の25%に相当する。はたして、これほどの量の銀を買い戻すことができるかは、銀行やコマーシャル・ヘッジャーが提供する流動性にかかっている。これだけ一方的な空売りに傾いていることを考えると、銀行はショート・スクイーズを狙ってくるのではないだろうか?(GoldMoney) ショート・スクイーズ:マーケット(市場)が売り持ち(ショートポジション)に傾いている時に、大きく買いを仕掛けることで、相場を高めに誘導することをいう。(iFinance)
デーブ・クランズラー氏(インベストメント・リサーチ・ダイナミクス)も、銀のショート・スクイーズの可能性を語っています。
ヘッジファンドは、記録的な膨大な量の銀の空売りポジションを抱えている。しかし、スマートマネーと呼ばれる実際に銀を扱う当業者たちは、銀の空売りポジションを減らしている。(現在、当業者たちの持つ空売りポジションは、2008年1月以来最低の量となっている。)
もちろん、当業者が空売りポジションを減らしているからといって、銀の値段が直ぐに上がるという保証はありません。しかし、空売りポジションを手仕舞い始めているということは、当業者たちは銀価格は現在のレベルから大きく下げることはない、と判断していることも確かです。

下は銀価格に連動するETF、iShares Silver Trust (SLV)の週足チャートです。


上辺が下降する三角形ですから、株の教科書に従うなら狙いは底辺割れのブレイクダウンです。ご察しのとおり、売り手が慌てるためには、株価は上辺を突破する必要があります。言い換えれば、本格的なショート・スクイーズが起きるためには上辺突破のブレイクアウトが必須です。更に、ブレイクアウトが大陽線なら、買い手が望む踏み上げも起きることでしょう。

(参照した記事:Richard Russell - Damn The Avalanche Of US Lies & Propaganda

Market positions for gold and silver

Is Silver Set Up For A Huge Short Squeeze?

8 件のコメント:

lineの倍 さんのコメント...

数週間前に銀のETFを買ったところだったのでとても参考になりました。ありがとうございます。

lineの倍 さんのコメント...

最新の記事がここにありました。
http://www.gotgoldreport.com/2014/06/comex-managed-money-record-silver-shorts-more-like-insurance-than-a-one-way-bet.html

6月3日にShort positionがピークアウトしたように見えます。あたりまえですが、銀ETFもこれに同期して底になっています。2012年ころの相場まで戻ってくれるととてもうれしいのですが・・:)

T Kamada さんのコメント...

lineの倍 さん

記事ありがとうございます。銀は低迷が続いているので、そろそろ上昇に期待する投資家も多いことと思います。しかし大量な空売りですね。

lineの倍 さんのコメント...

実は「空売り」の仕組みをよく理解していないのですが、「空売り」するひとは現物を持っている人から借りて売るのでしょうか?それとも借りることもなく売るのでしょうか?もし後者なら買い戻すときに売り物がなければどうなるのでしょう?

T Kamada さんのコメント...

金や銀、それに原油や商品などの先物取引では単にコントラクトの売買が行われるだけですから、実際に現物を借りてくるということはないです。

lineの倍 さんのコメント...

Kamadaさん
 Managed Money セクタのNetPositionはプラスに戻りました。今回の銀価格の上昇はこれで一休みなんでしょうか?

M_Money_Positions_
Long Short Spread 差引
2014/06/17 36380 30142 12257 6238
2014/06/10 35455 39270 10800 -3815
2014/06/03 35166 42804 11421 -7638
2014/05/27 34227 38453 9919 -4226
2014/05/20 34113 33276 9116 837

http://www.cftc.gov/MarketReports/CommitmentsofTraders/HistoricalCompressed/index.htm

lineの倍 さんのコメント...

銀の採算コストは$24/ounce ということで、現在の価格ではまだ採算ラインを割っているようです。
http://srsroccoreport.com/silver-price-to-head-higher-as-cost-of-production-forms-a-base/silver-price-to-head-higher-as-cost-of-production-forms-a-base/

実際、鉱山会社で倒産するところがでてきています。金も銀も同じ山からとれるので同様のようです。
http://www.verisgold.com/s/NewsReleases.asp?ReportID=659953&_Type=News-Releases&_Title=Veris-Gold-Corp.-to-be-Delisted-from-TSX

T Kamada さんのコメント...

lineの倍 さん

興味深い資料ありがとうございます。金、銀とも大急ぎで空売りポジションが整理されたようです。これで空売りポジションが無くなり、皆が圧倒的に買いに傾いた状況となると急落といったことも有り得ると思います。

ご指摘のように、鉱山会社は苦しい状態ですから、個別銘柄選びが極めて難しい、という記事を最近読みました。

金銀の上昇は短期的な現象である、という意見も出ています。