夏休みが始まったアメリカ、さっそく料金値上げのディズニーランド

アメリカは連休です。今週末から夏の休暇シーズンが始まったわけですが、さっそくこんなニュースが出ています。
Disneyland announces ticket price hike(ディズニーランド入場料金の値上げ発表)
正に素晴らしいタイミングです。 


10才以上の入場料金は92ドルから96ドルに、そして10才未満の子ども料金は90ドルになり、これも4ドルの値上げです。

全てのビジネスがそうであるように、私たちも様々な要素を考慮して入場料金の調整を時々している。当テーマパークが訪問者に提供している素晴らしいアトラクション、エンターテイメント、それにテーマパークが皆様に忘れられない思い出になることを考えると、新入場料金には大きな価値があると思う。 -- スージー・ブラウン氏(メディア広報責任者)
ということで、たとえ96ドルに値上っても、この料金は割安であるとのことですが、96ドルは2003年の入場料の2倍以上です。

料金の値上げを喜ぶ人はいません。記事を読んだ人たちの書き込みを、いくつか見てみましょう。
・ また値上げ?嘘だろう!
・ 高い料金を払ってディズニーランドへ行ったが、中は大混雑で、どこも長い列ができていた。これでは待ち時間が長くて、全てのアトラクションを見ることなどできない。ディズニーランドは入場者数を制限するべきだ。
・ 人々はディズニーランドを過大評価している。去年行ったが乗り物の待ち時間は2時間、それにギフトショップでは、たった一足のソックスが7ドルもする。
・ シーワールドも入場料の値上げだ。
・ わざわざ高い金を払って、一日中列に並ぶ気などない。ただでも行きたくない。
・ あまりにも高すぎる。これでは家族揃って行くことは無理だ。
・ 夫と二人で行ったら入場料金だけでほぼ200ドル。もちろん、昼食や夕食も中で食べることになるから、おそらく一日で400ドルは遣うことになるだろう。もし子どもが一緒なら、、、、
・ このまま値上げが続くと、一般のアメリカ人はディズニーランドへ行くことができなくなるだろう。
・ 入場料金が上がったのは、おそらくミッキーが年俸の引き上げを要求したからだろう。
・ ディズニーをボイコットだ!
ディズニーランドは、「Happiest Place on Earth(地球上で最もハッピーな場所)」と宣伝されていますが、この調子で値上げが続くと家計に大きな穴をあける場所にもなりそうです。


(情報源:Disneyland announces ticket price hike

Disneyland raises prices to $96 per ticket just days before Memorial Day weekend - the second increase this year)

コメント

佐藤 さんのコメント…
む~日本のディズニーランドがいかに良心的かわかりますね(^-^)
日本人でヨカッタ!

まぁ 需要と供給の法則 からすると
それだけ人気があるから混雑する → 値上げして混雑緩和させる
というバランサーが働くのは当然のような気がしますけどね・・・

でも鎌田様さすがに言いたい放題過ぎませんか?
人気者は辛いということなんでしょうか
ディズニーランドやはりいいですよ(笑)
私は生涯忘れられない思い出が作れるならいくらだろうと行きたいですヨ~(^^;)

しかし・・・蛇足ですがこれだけの大企業の株価やダウ平均が何倍にも上昇したりとか
ハイテク企業が集積するサンフランシスコ辺りで家賃が全国平均の3倍にまで高騰してるとか
やはりアメリカン・ルネサンスな時代なんでしょうかー