2014年4月1日火曜日

ロシア株は買いだ!?

4月1日、エイプリルフールです。面白かったのは、このツイートです。



新しい1ドル札が発行される、という内容ですが、お札と言うよりトラベラーズチェックといった感じです。

「Google 日本語入力マジックハンドバージョン」には笑ってしまいました。




これはエイプリルフールではないと思いますが、ジム・ロジャーズ氏に関する記事です。
ロシアと西側諸国の緊張が高まり、ロシアの株式市場は18%の下げ、ルーブルは9%の下落、そして投資家たちは85億ドルにのぼる資金をロシア市場から撤退させた。こんなひどい状況だが、著名投資家ジム・ロジャーズ氏は全くひるんでいない。現に氏は、こう語っている。「ロシアの株式市場は、世界で最も割安な市場の一つであるだけでなく、世界で最も嫌われている市場だ。ロシア株は買いだ。」
下はロシア株のETF、Market Vectors Russia ETF (RSX)の日足チャートです。


50日移動平均線(青)は下げが続きダウントレンドが示されています。最近、反発ラリーが展開され安値から戻していますが、出来高を見てください。ETF価格は確かに上昇していますが出来高は日々減少ですから、これは本格的な買いではありません。言い換えれば、この反発ラリーのお陰で、ETF価格はレジスタンスになる可能性がある窓の上限(赤)と移動平均線(青)に迫り、そろそろ売り手が登場しそうです。

ということで、今は買いではなく売りを考えるべきだ、と結論する人も多いと思いますが、上のチャートには買いシグナルも見えます。


窓があるので左側の肩がうまく形成されていませんが、これはヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトムの買いパターンです。昨日、ETF価格はネックラインを越え買いシグナルが出ています。ネックラインから頭までの距離を測って目標価格を計算すると、このETFは200日移動平均線付近まで上昇する可能性があります。もし現在の価格24ドル12セントで買ったとすると、期待できる利益は11%ほどです。

(参照した記事:Jim Rogers: This stock market is one of the cheapest in the world... Now is the time to buy

0 件のコメント: