超人気のワールド・レスリング・エンターテイメント株

ワールド・レスリング・エンターテイメントの株価を見て驚いた。29ドルを超え史上最高値に達している。 -- StockTwits.com
下が週足チャートです。


膨大な出来高を伴って特大な陽線が形成されています。株価は今年に入ってから既に80%を超える上昇となり、とにかく買い人気です。しかし何故、こうも買われたのでしょうか?

買い材料は、ワールド・レスリング・エンターテイメントのウェブサイトで始まったオンデマンド・ネットワークだ。料金は月9ドル99セント、毎日24時間を通して歴史的な映像や全てのメイン・イベントを観ることができる。実際にアクセスしてみたが、なかなか豪華な内容だ。-- StockTwits.com
オンデマンド・ネットワークが発表されたのは1月9日でした。NHKオンデマンド、フジテレビ・オンデマンド、日テレ・オンデマンド、とオンデマンドは既に当たり前になっていますから、私にはワールド・レスリング・エンターテイメントのオンデマンド・ネットワークは、たいしたニュースに思えませんでした。


1はオンデマンド・ネットワークが発表された日です。2.7%の上昇ですから、爆発的という言葉は全くあてはまりません。それにローソク足は陰線、更に出来高(2)は前日より少ないですから、圧倒的な買い人気からはほど遠い内容です。

オンデマンド・ネットワークが実際に開始されたのは2月24日です。その日ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)は、テレビ番組でこう語っています。「ワールド・レスリング・エンターテイメントは極めて退屈な株だった。しかし今は違う。充実した内容が、大きな買い材料となっている好例だ。」


1は1月9日、2の陰線はオンデマンド・ネットワークの始まった2月24日です。矢印で示しましたが、ここ数日間の株価と出来高の伸びは異常です。3(金曜)のローソク足を見てください。高値を更新しましたが、長い上ヒゲが形成され、失速の様子が顕著に表れています。

金曜の午後、こんなニュースが出ています。
WWE says no merger talks (ワールド・レスリング・エンターテイメント: 合併は無い)
なるほど、ここ数日間の異常な買い人気は、ワールド・レスリング・エンターテイメントが買収されることを期待する人たちによるものだったようです。

chessNwineの金曜のブログには、こんなことが書かれています。
残りのワールド・レスリング・エンターテイメント株を全て売った。熱狂的なファンがチームの勝利を喜ぶように、ワールド・レスリング・エンターテイメント株は、あまりにも買い人気となっている。テクニカル的には、月足チャートの上昇角度が急すぎる。日足チャートを見てみると、金曜のローソク足は買いのクライマックスだ。今は、この株を買う時ではない。

(参照した記事:WWE: Sold to You, Sir

WWE says no merger talks

Lightning Round: World Wrestling, Cisco & More

Here’s Why $WWE Is Becoming One Of The Best Performing Stocks Of The Year

コメント