大幅上昇の米国株式市場、いよいよ上げ相場が始まった!?

ニューヨーク時事】週明け3日午後のニューヨーク株式相場は、世界経済全体の先行きに対する不透明感から下げ幅を拡大し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は一時、前週末終値比310ドルを超える下落となった。
まだ終了まで45分ほどありますが、下がダウ工業株30種平均の日足チャートです。



見てのとおり、上下をひっくり返しただけでなく、陰線と陽線も逆にしてあります。
ダウ工業株30種平均は大陽線(1)を形成し、長期トレンドの把握に広く利用されている200日移動平均線を突破した。短期トレンドを示す20日移動平均線(2)、そして中期トレンドを示す50日移動平均線(3)は既に上向きとなり、最近のマーケットの強さが顕著になっている。短期間での大幅上昇だっただけに、マーケットは12月の安値付近(4)まで下げる可能性があるが、それは良い押し目買いの機会になるだろう。買い手たちの目先の目標は、10月の高値(5)だ。
ふざけている、馬鹿にしている、と思われるかもしれませんが、私は時々このようにチャートをひっくり返して見ています。最近の様子を見て言えることは、チャートは右上がりになり始め、買い手が明らかに優勢です。

もちろん、長期トレンド(200日移動平均線)は下げ方向ですから、ダウ工業株30種平均がまた下げに転じる可能性は十分にあります。しかし、上昇している20日と50日移動平均線がサポートになる可能性が高いですから、12月の安値まで一気に下げることはないと思います。

ということで、ひっくり返したチャートが買い手優勢ですから、現状は売り手が有利なマーケット展開になっています。短期的にトレードをする人たちは別ですが、現時点では無理な買いはしないで、しばらく様子を見ることが大切と思います。

コメント

匿名 さんのコメント…
かなりインパクトがある記事ですね。眠気がとんだ。

 大納会から逆張りしていたので既に利益確定はどこかと睨んでおります。 
自分は逆さ日経をよく見てます。
逆さダウだと12月前半の揉み合い付近まで戻し、上がってきた20日線と接触するかもしれません。
T Kamada さんの投稿…
匿名さん

コメントありがとうございます。

特に迷ったときなどは、チャートを逆さにして見ると面白いと思います。

良いタイミングで利確できるといいですね!