大手ファンドは買っているのだろうか?:バランス・オブ・パワーの話

米国の大型株指数、S&P500指数の日足チャートです。


まるで調整が完全に終わってしまったかのように、マーケットは2月5日(A)に底を打ち、急ピッチに回復が進んでいます。

このように見ることもできます。



V字型の回復です。
急激に回復している訳だから、V字型の底は強いマーケットの証拠だ、と思ってしまう。しかし、急ピッチなラリーのお陰で、本来なら振るい落とされている筈の投資家たちを振るい落とすことができない。要するに、売ろうかどうかと悩んでいる間にマーケットは回復となり、多くの人たちは持ち株を処分せずに済んだ。 -- ケン・フーバー氏(INVESTORS.com)
更にフーバー氏は、「Vは勝利のサインだが、株の場合は、必ずしも勝利には結びつかない」、と語っています。

これはよくカン違いされることですが、今回のような急ピッチなマーケットの回復は、大手ミューチュアル・ファンドが買っているからだ、と思っている人が多いことです。証券業界にいる人たちの話、またはセミナーに参加すると分かることですが、大手ミューチュアル・ファンドのマネージャーは静かに、株価を動かさずに大量な株を時間をかけて買います。ですから、急上昇するマーケットで買っているのは、大手ファンドではありません。

では誰が買っているのでしょうか?もちろん大衆も参加していますが、今日のマーケットの主役は私たち個人ではなく機関投資家です。このV字型の相場で買っているのは、大雑把に分けると3つあります。
・ HFT(ハイ・フリークエンシー・トレーディング): コンピューターのプログラムにより株の自動取引を行う「アルゴリズム取引」の一種です。「高頻度売買」、「超高速取引」とも呼ばれています。
・ 短期的な利益を狙った大手金融機関のトレーダーたち。
・ 小型ヘッジファンド。
繰り返しになりますが、大型ミューチュアル・ファンドは静かに買いますから、株価は動きません。いったい、どうやったら大手ファンドが買っていることを見破ることができるでしょうか?ドン・ウォーデン氏が開発した指標に、バランス・オブ・パワーというものがあります。
バランス・オブ・パワーは近代株式市場で役立つユニークな指標だ。この指標を利用することで、大口取引の状況を把握することができる。-- マーサ・ストーク氏(TECHNITRADER)
グーグルで調べれば、ストキャスティクスやMACDなどは、どのように計算されたものかは簡単に分かります。しかし、ウォーデン社に独占所有権があるため、バランス・オブ・パワーの詳細は公表されていません。下は、ヤフー株の週足チャートにバランス・オブ・パワーを入れたものです。


1のグリーンの部分は、大口取引の買いが目立って多い部分です。見てのとおり、この部分での株価は横ばい状態です。2の赤い部分は、大口取引の売りが多い部分です。3の灰色の部分はニュートラルを表します。(注: ニュートラルでも、線がゼロより上にある場合は大口の買いがやや優勢、そして最近のようにゼロより下の場合は売りの大口取引が優勢です。)ということで、バランス・オブ・パワーが示していることは、大口取引によるヤフー株の買い集めが目立ったのは株価がパッとしない2011年と2012年です。最近は目立った大口の買いはなくニュートラルな状態ですが、ゼロより下にあることで分かるように、どちらかと言えば売りが買い圧力を勝っています。極論すれば、大手ミューチュアル・ファンドがヤフーを買っていたのは2011年と2012年であり、最近は利食っている状態です。

バランス・オブ・パワーを使って色々な株を見ているところですが、面白いと思ったのはこの株です。


ニューヨークにも上場されている日本株、NTTドコモの週足チャートです。1で分かるように、2012年の11月から2013年の2月にかけて大口取引による売りが目立っています。しかし2で分かるように、2013年の3月からは大口取引による買いが圧倒的に目立ち、大手ファンドがドコモを買い集めているようです。

もう2つ米国の株式市場に上場されている日本の株を見てみましょう。


日本電産の週足です。最近は赤が目立ち利食われいるようです。

下はソニーの週足です。


2013年に入ってから、赤い線は一本も出現していません。株が買い集められている状態です。

もちろん、バランス・オブ・パワーも数多い指標の一つですから、このとおりにやったら儲かるという保証はありません。バランス・オブ・パワーが面白いと思った理由の一つは、大手ファンドも間違ったタイミングで売買しているということが表れていることです。

(参照したサイト:V Doesn't Always Mean Victory In The Stock Market

コメント

匿名 さんのコメント…
いつも楽しく拝見させていただいてます。
ところで、ドコモのチャートですが、12年末から13年はじめにかけて売られているのではないでしょうか。13年中はおおむね買われていて、14年になってもその勢いが続いているようです。時間軸の見方の問題だけですが、違っていたら教えていただければ幸いです。
はんピー さんのコメント…
バランス・オブ・パワーたいへん興味深い指標でした。
日本も調整入りしそうですが、そういう相場でも銘柄リサーチして信念を持って買い付ける大口投資家のような投資を見習いたいです。

ところでバランス・オブ・パワーを利用したいと思ったのですが、Yahoo Finance、マネックス証券のtradestationには提供がありませんでした。どこのサイトで利用できるでしょうか?教えていただけましたら幸いです。
T Kamada さんの投稿…
匿名さん

コメントありがとうございます。
ご指摘のとおりです。私の間違いです。訂正します。
T Kamada さんの投稿…
はんピー さん

コメント有難うございます。

バランス・オブ・パワーはWorden社のTC2000というチャートソフトで見ることができます。(https://www.worden.com/order)

一番上にチェックすると、14日間無料で試すことができ、その後は月々29ドル99セントの料金が取られます。(私が購読しているのは、この月々29ドル99セントです。)

これがTC2000の詳細です。http://www.worden.com/products/tc2000