なぜ私たちは思っているようにお金が増えないのか?

誰のブログだったか忘れてしまいましたが、「モーガン・ハウセル氏のコラムは面白いからお勧め」、という一文がきっかけになって、氏のコラムを読むようになりました。月曜のコラムのタイトルはこれです。
77 Reasons You're Awful at Managing Money
あなたが、お金をうまく管理できない77の理由、という意味になります。はたして本当に77もあるのかな、と疑問になりましたが、ハウセル氏はたしかに77を挙げています。全部紹介したいですが、面白いと思ったものをいくつか見てみたいと思います。
・ 自分の政治観、政治的な見解を基に投資してしまう。マーケットは、あなたが誰に投票した、あなたがどのニュース・チャンネルを支持しているかなどといった事に興味は無い。
・ あなたは長期投資をしている、と言う。しかし、あなたの言う長期投資というのは、今から次の下げマーケットまでの期間だ。

・ あなたは人に強い印象(自慢)を与えようとして、色々なものを買いすぎる。事実は、他人はあなたが思っているほど、あなたのことに興味はない。言い換えれば、あなたが何を運転している、どんな財布を持っているなどといった事に他人は全く興味はない。
・ あなたは分かっていないことを完全に分かったつもりになっている。良い例は金融政策だ。事実は、あなたは金融政策を人に説明することはできない。
・ 誰もマーケットの動きを正確に予想することはできない。それにもかかわらず、あなたは予想に今日も熱心だ。
・ あなたは他人の間違いから学ぶことを怠っている。お金について真剣に勉強を始めるのは、ある程度年齢が進んでからだから、知識が身につくころには死が迫っている。
・ あなたは国が抱える膨大な赤字に腹を立てている。しかし、あなたは自分が抱えるクレジットカードの借金を全く気にしていない。
・ あなたは20万ドルにも及ぶ借金(学生ローン)をして、職を得ることに全く役にたたない学部を卒業している。
・ あなたは投資に失敗すると、「不運だった」、の一言で片付けてしまう。投資で失敗するのは、あなたには必要な知識と技術が無かったからだ。言い換えると、あなたは失敗から学ぶのではなく失敗を無視している。
・ あなたは一流大学を卒業したから投資もうまく行く、と思っている。しかし事実は、感情をコントロールすることを学ばなければ、あなたは投資で成功することはできない。
・ あなたは、「私は毎年○○%の利益を上げている!」、などといった宣伝を簡単に信じてしまう。彼らには、そんな実績はない。彼らがうまいのは巧みな宣伝だ。
・ あなたは洗濯機を選ぶことに慎重だが、株の場合は知人からの勧めで簡単に買ってしまう。
・ マーケットが上昇している時は、あなたは毎日のように口座残高を調べる。しかし下げマーケットがやって来ると、あなたは口座残高に興味が無くなってしまう。
・ ニュースは投資に役立つ、とあなたは思っている。しかし、それは違う。マスコミが常に考えていることは、どんなニュースが大衆に受けるだろうか、ということだ。
こんな感じで77項目が挙げられているのですが、77番目はこれです。
あなたは、私の語っているのはあなたの事だ、ということを気付かずに77項目を読んだことだろう。実は、これらの項目は、私にも当てはまることなのだ。



(参照した記事: 77 Reasons You're Awful at Managing Money

コメント