トレードを成功させるために考慮したい5項目

トレードで成功しているのは、たったの10%の人たちだけだ、という話を聞いたことがある。100人がトレードを始めれば、90人は脱落してしまうということになるが、何故そんなに失敗率が高いのだろうか?ベネット・マクダウエル氏(TradersCoach.com)は5つの理由をあげている。
1、トレード方法を習得していない。 
2、トレード資金に問題がある。 
3、感情をコントロールできない。 
4、協力、サポートが無い。 
5、トレード経験が足りない。
一つ一つを、もう少し詳しく見てみよう。



1、トレード方法を習得していない:
ストレスの少ない方法でトレード方法を先ず身に付けてほしい。それにはペーパートレードが有効だ。ペーパートレードが上手くいかない人は、実際のトレードで利益を上げることはできない。とにかく、時間をかけて焦らないでペーパートレードを続けてほしい。ペーパートレードは上手くいくのに、実トレードでは全く利益が上がらない、という現象が起きることがある。それはトレード方法に問題があるのではなく、心理的な問題を表わしている。そんな場合は、トレードコーチに相談してみると良いだろう。
2、トレード資金に問題がある:
資金を失っても困ることはないだろうか。この金を無くしたら来月の住宅ローンを払うことができない、などといった切羽詰まった状況でトレードをしてはいけない。
3、感情をコントロールできない:
嫌な気分でトレードに臨んでいないだろうか。トレードで勝った、負けたと必要以上に感情的になっていないだろうか。怖くて買いボタンを押すことができない、ということはないだろうか。心理的な重荷から逃れるために、トレードを手仕舞うということはないだろうか。これらはペーパートレードでは起きなかった現象だが、成功するためには感情をコントロールすることを学ぶ必要がある。
4、協力、サポートが無い:
スポーツ選手を考えてほしい。彼らにはコーチがついているから、技術面、そして精神面でのアドバイスをいつでも受けることができる。しかし多くのトレーダーには指導してくれるコーチがいない。
5、トレード経験が足りない:
いきなり実トレードを始めることは、何の準備も無くプロと戦うのと同じことだ。ペーパートレードでコンスタントに利益が出るようになるまで実トレードはしないことだ。




(参照した記事:Where Traders Go Wrong: 5 Reasons Why Traders Fail

コメント