2014年1月22日水曜日

クレジットカードでは買えないもの

(下はマーケット・ウォッチからの抜粋です)

・ マリファナ

1月1日からコロラド州でマリファナが合法化され、21歳以上の人なら、だれでも指定された小売店でマリファナを買うことができるようになった。しかしアメリカン・エキスプレス、マスターカード、そしてVISAはマリファナの購入を認めない。アメリカン・エキスプレスの説明によると、たしかにコロラド州では合法化だが、連邦法では娯楽用、医療用のマリファナ使用はまだ認められていない。




・ポルノ

アダルト、ポルノ関連のサイトは多数あるが、それらのサイトでアメリカン・エキスプレスを使うことはできない。なぜなら、アメリカンエキスプレスは児童ポルノ撲滅運動に関与しているためだ。

・ウィキリークスへの寄付

マスターカードとVISAは、ウィキリークスへの寄付を許可しない。(ウィキリークス (WikiLeaks) は、匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開するウェブサイトの一つ。)

・カジノでのギャンブル

賭博用のチップをクレジットカードで購入することはできない。しかし、カジノ内に設置されているATMからクレジットカードを使って現金を引き出すことは出来る。

・宝くじ

特定の州では、クレジットカードを使って宝くじを購入することができない。

・10ドル以下の商品/サービス

2010年に新連邦法が議会で可決され、米国の各小売店は、10ドルまでの金額で、クレジットカードが利用できる最低金額を設定することができる。

・月々の住宅ローンの支払い

ほとんどの銀行、金融機関は、住宅ローンの支払い方法としてクレジットカードを認めない。

・自動車ローン

多くのの銀行、金融機関は、自動車ローンの支払い方法としてクレジットカードを認めない。

・大学の授業料

全ての大学がそうではないが、大学によっては授業料をクレジットカードで払うことができない。

・学生ローンの支払い

米教育省は、学生ローンの返済方法としてクレジットカードの使用を認めていない。


(参照した記事:10 things you can’t buy with a credit card


0 件のコメント: