岡本さんの愛猫、ラオウの冥福を祈ります

2014年の予想が次々と発表されています。下は、ゴールドマン・サックスのエコノミスト、ジャン・ハトジウス氏の、米国経済に関する見方です。
・ 民間企業の成長が目立つようになり、経済成長に弾みがつく。 
・ 貯蓄率の下降に余地があるから、個人消費が伸びる。 
・ 消費者の需要に応えて、非住宅設備投資が増大する。 
・ 住宅市場の回復に弾みがつく。 
・ 労働力率が安定する。


・ 全体的に見た場合、労働市場の低迷は続くが、企業の利益幅が減少することはない。 
・ コアインフレ率は2%以下が続く。
・ 量的緩和第3弾は2014年に終了する。 
・ FRBによる金利引き上げは2016年まで無い。 
・ 消費者は米国経済の将来に楽観的になる。

ここで話は大きく変わります。岡本さんの猫「ラオウ」の話です。

ラオウ
私は、地場筋といった雰囲気のある、岡本さんのブログが好きです。偏見的な宿六のコメント、そして時々掲載されるラオウの言葉が面白く、もう長いこと岡本さんのブログを読んでいます。

昨日のタイトルは、「『あばよ! 元気でな!』と化け猫ラオウ」、というものでした。ラオウが逝ってしまった、ということが直ぐに分かりました。

個人的な話で恐縮ですが、知っている方が多いので、あえて書かせて頂きます。
我が家で生息していた化け猫ラオウが今朝亡くなりました。
大納会に旅立つとはさすがと思います。
21歳8カ月。人間で言えば、110歳程度でしょうか。
昨日は家族に抱かれて、いろいろ話もしましたが、ここ3カ月ばかり具合が悪く、これで生の苦しみから解放されてよかったんじゃないかと思います。
僕は親友を2人亡くしていますし、いずれお迎えも来ると思いますが、マーケットは僕が死んだ後も続きます。
本人は縄文時代から生きていると言っていましたから、1万歳とか、2万歳だったのかもしれません。
今夜は葬式、納骨。
しかし、大納会に逝き、年内に決着を付けるなんてすごいと感服します。
でも、先ほどからどこからか足音も聞こえるし、化け猫ラオウ。お前は永遠に化け猫だな。


「おい、岡! あの世もこの世もカネで買えないものはない。分かったか。この野郎! 俺様がいなくなっても、ちゃんと稼げよ! あばよ! 元気でな!」と化け猫ラオウ。


さようなら、ラオウ。縁があったら、あの世で会いたいよ。


(参照した記事: 「あばよ! 元気でな!」と化け猫ラオウ

Goldman's Top Economist Just Answered The Most Important Questions For 2014

コメント