ウランのETFは二番底??


URREという株の出来高が通常の5倍に達していることがツイートされていた。Uranium Resources, Inc.というウランの会社だが、下が日足チャートだ。



見てのとおり出来高が大きく突出している。ローソク足も長い陽線が形成され、今日の上げで3本の移動平均線(20日、50日、200日)を一気に突破だ。ニュースを調べてみたが、「ウラン関連が午後に入ってから買いを集めている」、といった報道がある程度で、これといった具体的なニュースは無かった。

URREに関する、こんなデータがヤフー・ファイナンスにある。






赤で囲った部分になるが、Floatは浮動株数を示し1329万株と少ない。17.10%という数字は、浮動株の17.10%が空売られていることを示し、踏み上げが起きやすい状態だ。上の日足チャートで分かるように、株価は安値圏で横ばいが続き、思ったような下げが展開されていない状態だから、しびれを切らした売り手が、株の買い戻しを開始したようだ。

上記したようにURREはウランの会社だが、福島で原発事故が起きて以来ウランのETFは投資家たちから嫌われている。下が月足チャートだ。

Global X Uranium (URA)
ゼロになるまで下げそうな様相だが、ウランは全く将来性が無いのだろうか?ご存知のように、小泉元首相は原発反対を唱え、氏の意見に同意する人は多数いる。福島のような惨事を防ぐには、小泉氏が言うように、原発を全面廃止してしまうことが最も手っ取り早い。

原発がはたして再稼働できるかどうかは分からないが、ウランのETFの日足チャートには、二番底の可能性が見える。


Aの部分で分かるように、株価は既に下降するトレンドラインを突破し、数字で示したように1-2-3ボトムが形成される可能性がある。一般的には2の高値突破が買いシグナルになるが、こういう買い方もある。


Bの短期トレンドライン突破が買いシグナルになり、2の高値が第一の目標株価になる。もちろん、2の高値を突破するようなら、そこで買い足してもよい。

コメント