ツイッター、欧州中央銀行、荒れたドル/円、金曜は米雇用統計

とうとうツイッターの取引が始まった。マーケット終了まであと2時間半ほどあるが、下が2分足チャートだ。


・ 公募価格は26ドル。

・ 始値(初値)は45ドル10セント。

・ 赤い線は今日ここまでの高値(50ドル9セント)、そして青い線は初値(45ドル10セント)を示す。

信じられないことだが、ツイッターの売り推奨が早速発表された。
ブライン・ウィーザー氏(ピボタル・リサーチ)は、ツイッター株が割高であることを指摘し、目標株価30ドル、そして売り推奨を発表した。(ビジネス・インサイダー)
ツイッターよりも大きな話題はこれだ。
[フランクフルト 7日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)は7日、主要政策金利であるリファイナンス金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低となる0.25%とした。
テレビのニュースで言っていたが、この金利引き下げを予想していたアナリストは70人中たったの3人だったというから、正に驚きの利下げだ。(この3人の名前を知りたい。)下はユーロ/ドルの5分足チャートだが、長い陰線がトレーダーたちの驚きを明確に表わしている。




ドル/円も荒れている。(10分足チャート)


99.41円をつけ、正に100円に迫る勢いだったのが急転となり、現在97.80円で取引されている。何故こうも荒れたのだろうか?
No one has any good answers.「誰にも良い回答が無い」(Zero Hedge)
ということで、今のところ誰もドル/円の乱高下をうまく説明できない状態だ。このいきなりの円高で日経225も急落となっている。(下は15分足チャート、現在マイナス2.98%。)



明日金曜は米雇用統計が発表される。 非農業部門の就業者数は12万人増が予想され、アナリストの予想は悲観的するぎるという意見も出ている。明日の為替市場も荒れるのだろうか?


(参照した記事:ECB理事会後のドラギ総裁の発言要旨

Twitter Just Got Downgraded To Sell!

Japanese Stocks Are Crashing As JPY Surges

October jobs report may surprise Wall Street

コメント