2013年11月12日火曜日

ブラック・フライデーが木曜にやって来る

11月28日(木)は感謝祭、そしてその翌日はブラック・フライデーと呼ばれ、小売業界にとって最も重要なクリスマスのショッピング・シーズンが始まる。

ブラック・フライデー
毎年繰り返されることだが、ブラック・フライデーの早朝、大幅に割引かれた商品を求めて、多くの人々が店の前に並ぶ。開店は朝6時、5時、4時と毎年エスカレートし、ついに真夜中12時開店という店も登場した。


真夜中12時開店に勝つためには、とうぜんのことながら、祭日である感謝祭(木曜)に店を開ける必要がある。もちろん、木曜に店を開けてしまったらブラック・フライデーではなくなってしまうが、競争相手に勝つためには曜日のことなど気にしていられない。

休日返上の店員たちには嬉しくない話だが、下は大手小売店の感謝祭とブラック・フライデーの営業時間だ。
・メーシーズ
感謝祭: 午後8時-午後11時59分
ブラック・フライデー: 午前12時-午後10時
・JCペニー
感謝祭: 午後8時-午後11時59分
ブラック・フライデー: 午前12時-午後9時
・ウォルマート
ブラック・フライデーが感謝祭の午後6時にスタート
・ターゲット
感謝祭: 午後8時-午後11時59分
ブラック・フライデー: 午前12時-午後11時
・ベスト・バイ
感謝祭: 午後6時-午後11時59分
ブラック・フライデー: 午前12時-午後10時
・トイザらス
感謝祭: 特定の店が午後5時に開店予定
ブラック・フライデー: 午前12時-午後11時
感謝祭と言えば家族揃って七面鳥ディナー、そしてワインやビールもガンガン飲む日だから、とうぜん酔っぱらいが増える。こんな日に、わざわざ店を開ける意味があるのだろうか?
コムスコアの調べによると、2012年の感謝祭にオンラインで出費された買い物額は2011年を32%上回った。(過去5年間では132%の上昇。)ブラック・フライデーのオンライン・ショッピングは+28%、そして過去5年間では96%増だ。更に、サイバー・マンデーの売上高は+17%、過去5年間では100%の伸びとなり、感謝祭はオンライン・ショッピングの重要な日となっている。
マイク・シェドロック氏(シタカ・パシフィック・キャピタル)は、こう語っている。
感謝祭に営業する小売店が増えているのは、オンラインの小売業者に対抗するためだ。

(参照した記事:Here's A List Of Stores That Will Open On Thanksgiving

Black Friday Becomes Black Thursday; Thanksgiving Just Another Shopping Day; More Temporary Part-Time Jobs

0 件のコメント: