コーヒーを毎日飲むべき11の理由

コーヒーを飲まないと一日が始まらない、という人はかなり沢山いる筈だ。しかし、カフェインは体によくないから、飲む量を減らそうとしている人もいると思う。現に、カフェイン中毒というものがあり、毎日コーヒーを飲み続けると、こんなことが起きる。
慢性中毒は常習的にカフェイン飲料やカフェイン製剤を摂取し続けた場合に起こる。250mg/day以上の摂取では、焦燥感、神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、悪心、頻尿、頻脈などの症状が現れることがある。100mg/day程度の摂取でも依存が起こることがある。摂取を中断した場合の離脱症状としては頭痛が一般的であり、12~48時間以内に出現し、2~4日以内に消退する。他の症状としては眠気、集中力の減退、疲労感、不安・抑うつ、運動遂行能力の低下、発汗、嘔気、カフェイン摂取の渇望などがある。(ウィキペディアから抜粋)
私の場合、コーヒーを飲まないと頭が痛くなるから、既に中毒にかかっている可能性が高い。しかし、こんな記事を見つけたので、「コーヒーをやめよう」ということは考えないことにした。


タイトルは「11 Reasons Why You Should Drink Coffee Every Day」(コーヒーを毎日飲むべき11の理由)だ。
・ コーヒーには抗酸化作用がある。
・ コーヒーの匂いはストレスの解消になる。
・ コーヒーはパーキンソン病の症状を和らげる効果がある。
・ コーヒーは肝臓に良い。
・ コーヒーを飲んでいる人は鬱的な気分になりにくい。
・ コーヒーを飲んでいる人には自殺が少ない。
・ これは特に女性の場合だが、コーヒーを飲んでいる人は皮膚癌になりにくい。
・ コーヒーを飲むと良いスポーツ選手になれる。特に持久力が要るマラソンやサイクリングに効果的。
・ コーヒーを飲むことで、2型糖尿病を防ぐことができる。
・ 健康な脳を保つためにコーヒーは効果的。
・ コーヒーを飲むと頭が良くなる。

さて、次は「酒を毎日飲むべき11の理由」、という記事を探してみようと思う。




(参照した記事: カフェイン中毒

11 Reasons Why You Should Drink Coffee Every Day

コメント