マクドナルドの従業員から経営者へ: 時給を2倍にして!

時給の値上げを求めて、全米50以上の市で、マクドナルド、バーガーキング、そしてウェンディーズなどのファストフード店で働く人たちがストを決行した。現在、ウェンディーズの時給は7ドル39セント、バーガーキングは7ドル72セント、マクドナルドは7ドル81セントだが、スト参加者たちは時給15ドルを要求している。

今日のストに参加した一人、マクドナルドで働くニック・ウィリアムズ氏(28歳)の例を見てみよう。

・2012年3月、レジ係として仕事を開始した。時給は連邦政府が定めた最低賃金法に相当する7ドル25セント。
・その後、レジから調理場に回され、時給が8ドル25セントに引き上げられた。
・現在、1カ月の手取りは約800ドル。その半分以上はアパート代、そして残りは食費、交通費、医療費に割り当てられる。(アパートには、病気の母親と身体障害を持つ弟が同居している。)
・「ほとんど毎日働いていますが、今の時給では暮らしていくことができません。ストに参加した理由は、マクドナルドには去年55億ドルの利益があった、ということを聞いたからです。私はマクドナルドに騙されました。55億ドルという大きな利益があるのに、私は満足な生活ができないのです。知り合いがレストランで皿洗いの仕事をしていますが、彼の時給は、私の8ドル25セントより多い9ドル50セントです。」
企業の目的は利益の追求だ。そのためには、ありとあらゆるコストを低くおさえ、従業員の時給も安く設定される。

マクドナルドのCEO(最高経営責任者)はドナルド・トンプソン氏だが、ヤフー・ファイナンスによると、氏の年収は988万ドルほどある。円に換算すると9億7000万円、そしてストに参加しているニック・ウィリアムズ氏の年収の570倍だ。

ウィリアムズ氏の働くマクドナルドはインディアナポリスにあり、データによると、親子(母と子、父と子のように二人の場合)がインディアナポリスで生活するためには、最低で17ドル81セントの時給が必要だ。ということは、要求どおり時給が15ドルになったとしても、ウィリアムズ氏の暮らしが大きく楽になるということはない。

スト参加者は、時給が15ドルになれば、従業員が頻繁に辞めることがなくなり、その結果ファストフード店の生産性が向上すると言う。しかし、経営者側を弁護する人たちは、こう述べている。
7ドル台の時給が2倍の15ドルに引き上げられれば、商品の値段も大幅に引き上げられ、ファストフード店への来客数が減少することになるだろう。更に、ファストフード店は人を雇うことに消極的になるだけでなく、店内はオートメーション化され、従業員の数は最低限におさえられることになるだろう。
要求されている「時給15ドル」が実現することはないと思う。しかし、汚い企業というイメージを避けるために、マクドナルドやバーガーキングは、何らかの昇給を提示してくるような気がする。

写真:businessinsider.com


(情報源:I'm Striking Because I Can Barely Afford To Eat On My McDonald's Salary

Fast food strikes go super-sized in clash over wages

A $15 minimum wage would cost consumers a dime a day

コメント