金鉱株は1-2-3ボトム???

金鉱株のETFが三連勝です。「これは単なる一時的な上昇にすぎない。長期的なダウントレンドに変化は無いのだから、そろそろ空売りのチャンスだ」、という意見が主流ですが、「ひょっとすると底打ちかもしれない」、という声も聞かれます。下は金鉱株のETF、Market Vectors Gold Miners (GDX)の日足チャートです。



1、下降する200日移動平均線: 長期トレンドはダウントレンド

2、下降する50日移動平均線: 中期トレンドはダウントレンド

3、上昇する20日移動平均線: 短期トレンドはアップトレンド

短期トレンドに強さが見えるようになりましたが、全体的な流れは相変わらずダウントレンドです。しかし、買い手の期待している1-2-3ボトムの可能性はあります。


2の高値突破が買いシグナルになり、目標はギャップ(窓)の下限(4)、30ドル50セント付近です。今までの動きで分かるように、ギャップの下限はレジスタンスになっていますから、30ドル50セントあたりでは、かなりの空売りが予想されます。ということで、売り手に大きなダメージを与えるためには、なんとしてもギャップを乗り越える必要があります。

コメント