夏の相場:持て余す時間をどう使う?

7月に入り、いよいよ夏休み本番です。観光客が多い南カリフォルニアに住んでいるので仕方ないことなのですが、週末だけに限らず、週日も高速道路がやたらと混むので外出するのが嫌になります。

7月4日は独立記念日です。毎年恒例の花火が各地で催され、特にディズニーランドやハリウッド・ボウルでの花火には多数の人たちが集まります。



ハリウッド・ボウル

夏の相場は、休暇を取る人が多いので閑散とする傾向があります。とうぜんの結果として、時間を持て余すトレーダーが増え、時間を有効に使うことがますます重要になります。

次の銘柄を探す、という時間の使い方もありますが、ダメな日は全く動きが無いですから、不満足なトレードをするよりも何もしない方がましです。もちろん、何もしないでボーッとしているのも疲れますから、素晴らしい暇つぶしが必要になります。

「暇つぶし」という言葉には時間の無駄使いという雰囲気が多分にあるので、この言葉が嫌いな人たちもいることでしょう。しかし、インターネットで暇つぶしの方法を検索してみると、あれこれ色々出てきます。

先ず、2ちゃんねるで見つけた暇つぶしです。

・ブックオフでも行ってくれば?
・散歩
・ネコのノミ取り
・読書

散歩は気分転換に最高ですが、夏の日中は暑いので、マーケットの最中に散歩するのは無理だと思います。ということで、お勧めは読書です。トレードに関する本を読むのも良いですが、ジョーク集などのような笑えるものを読んで、気分を一転させるのも良いことです。

それでは、ここでショート・ジョークを3つ。

・政治家とオムツは定期的に早めに取り替えたほうが良い。そうでないと臭いが大変だ。
・盗むな!それは政府の仕事だ。
・金を借りるなら悲観論者から借りることだ。

結論:夏の閑散なマーケットでは躍起になって銘柄を探すのではなく、持て余す時間を有効に使いましょう。

(参照したサイト:最高の暇つぶし

ショート・ジョーク

コメント