アナリストも弱気、個人投資家も弱気 : 金の話

今日の単語:obsolete(時代遅れの、旧式の、もう使われていない、廃れた、陳腐な、陳腐化した)

UBSのアナリストが、向こう12カ月間の金の目標価格を1750ドルから1050ドルに引き下げた。理由は金がobsoleteになってしまったからだ。


2012年終了までの3年間、量的緩和政策に対する保険として金が買われ、年間平均で金は17.4%の上昇となった。しかし今日、連銀は米国経済が下向きになる危険が無くなったという見方を明らかにし、今年中に量的緩和の縮小に踏み切る可能性が高くなった。投資家たちは、金の量的緩和政策に対する保険としての役目は終わった(obsolete)と判断し、金は敬遠されることになるだろう。-- ドミニク・シュナイダー氏(UBS)

ここ一年間の金の動きを見てみよう。


チャート:kitco.com

明らかなダウントレンドだ。現在の価格は1オンス1228ドル80セントだから、去年9月の高値1790ドル30セントから31%も下げている。

金に対して弱気な見方をしているのは上記したUBSだけでなく、ゴールドマン・サックス、それにモルガン・スタンレーも目標価格を引き下げている。大手金融機関のアナリストが金を避けろ、と警報を出しているのだから、その意見に従う個人投資家はかなり多いことだろう。


チャート:SentimenTrader.com

上のチャートは、6月25日時点における個人投資家たちの金に対する強気センチメントだ。円で囲った部分に注目してほしい。29.37%という極めて低いレベルに落ち込み、投資家たちは正に降参といった状態だ。

アナリストも弱気、個人投資家も弱気ということで両者の意見が一致している。ここで疑問になることは、皆が皆弱気なのだから、ほとんどの人たちは金を売ってしまったのではないだろうか?言い換えると、そろそろ金は買いチャンスではないだろうか?今朝のブログで、J.C.パレッツ氏はこう書いている。

下は金(先物)の週足チャートだ。
チャート:allstarcharts.com
見てのとおり、4月の急落に続き、金は三角形の底辺を割った。ここが底だろうか?その可能性があるかもしれないが、私にはここが底だとは思えない。2008年の安値から線を引いてフィボナッチの値戻しレベルを入れると、1150ドル台が61.8%の値戻しレベルになる。更に1150ドル台は、2011年から2013年の長期にかけて形成された天井を考慮して計算した下げ目標値とも一致するから、買い出動するなら1150ドル台だと思う。


(参照した記事:UBS Says QE's End May Render Gold 'Obsolete'

Morgan Stanley to Goldman Cut Gold Forecasts on Fed Outlook

If this is the Gold Bottom, it’s Totally Random)

コメント