米国株式市場: 気になる統計

こういう統計がStock Trader's Almanacに掲載されています。




今週は6月限のオプシンが期限切れとなります。上の表には、1982年から2012年までのダウ指数が6月限オプション期限切れの週に、どう動いたかが示されています。

(1):6月限オプション期限切れの週の月曜、ダウ指数は平均で0.05%の下げ。

(2):6月限オプション期限切れの週の月曜、ダウ指数が上げたのは15回。

(3):6月限オプション期限切れの週の月曜、ダウ指数が下げたのは16回。

(4):6月限オプションが切れる金曜、ダウ指数は平均で0.05%の下げ。

(5):6月限オプションが切れる金曜、ダウ指数が上げとなったのは19回。

(6):6月限オプションが切れる金曜、ダウ指数が下げとなったのは12回。

(7):6月限オプションが切れる週全体では、ダウ指数は平均で0.002%の上げ。

(8):6月限オプションが切れる週全体では、ダウ指数が上げとなったのは19回。

(9):6月限オプションが切れる週全体では、ダウ指数が下げとなったのは12回。

(10):6月限オプション期限切れから1週間後、ダウ指数は平均で0.54%の下げ。

(11):6月限オプション期限切れから1週間後、ダウ指数がプラスとなったのは9回。

(12):6月限オプション期限切れから1週間後、ダウ指数がマイナスとなったのは22回。


(参照した記事:What About the Rest of 2013 and June Option Expiration $SPY $DIA $QQQ

コメント